国民のための情報セキュリティサイト 国民のための情報セキュリティサイト
アニメの使い方更新履歴このサイトの利用方法サイトマップリンク集ダウンロードお問い合わせ
知識事故・被害の事例事例7:ネットストーカーに注意 トップページへ戻る
事故・被害の事例
資料請求の情報が漏洩した
私の名前で誰かがメールを
ホームページを見ただけで…
ホームページが書き換えられた
猛威!デマウイルス
メールが他人に読まれている?
ネットストーカーに注意
顧客のメールアドレスが漏洩
対策は万全なはずなのに…
送った覚えがないのに…
オークションの商品が届かない
そんな簡単に儲かるの?
他人のIDで不正にオンライン株取引
中古パソコンによるデータの漏洩
クレジットカード番号が盗まれた
情報セキュリティ対策は万全だったはずなのに・・・
ファイル共有ソフトが原因で・・・
ワンクリック詐欺って怖い・・・
SQLインジェクションでサーバーの情報が・・・
事例7:ネットストーカーに注意

ネットストーカーに注意 Nさんは、自分のホームページで自己紹介や自分の写真、日記などを公開していました。

 Nさんは、ホームページを見た人たちから送られてくる電子メールを毎日楽しみにしていたのですが、ある日「僕とつきあってください」という電子メールが届けられました。最初は適当に返事をしていたのですが、あまりにもしつこく電子メールが送られてくるため、「迷惑ですので、もうメールしないでください」という返事をしたときから事態が急変しました。

 次の日から、脅迫的な言葉が並べられた電子メールが、次々と送られてくるようになったのです。さらにしばらくすると、「おまえの住んでいる場所はわかっているんだ」という電子メールも送られてきました。そこにかかれているのは確かにNさんの住所でした。気味が悪くなったNさんは、自分のホームページを閉鎖して、引越しを検討するしかありませんでした。

 これはひとつの例ですが、実際にこのようなネットストーカーの事件は数多く発生しています。ホームページの電子掲示板にいやがらせをされたり、大量の電子メールを送りつけてきたりといったことだけでなく、実際に自宅にまで押しかけてきたり、後をつけまわしたりといったストーカー行為を働くなど、ネット上から実世界に移行する例も珍しくありません。

アニメーションで説明を見る

ページ参照対策:個人情報の取り扱いに注意しよう(小学生向け)
ページ参照対策:個人情報の取り扱い(一般利用者向け)
国民のための情報セキュリティサイトトップへ