国民のための情報セキュリティサイト 国民のための情報セキュリティサイト
アニメの使い方更新履歴このサイトの利用方法サイトマップリンク集ダウンロードお問い合わせ
知識事故・被害の事例事例13:他人のIDで不正にオンライン株取引 トップページへ戻る
事故・被害の事例
資料請求の情報が漏洩した
私の名前で誰かがメールを
ホームページを見ただけで…
ホームページが書き換えられた
猛威!デマウイルス
メールが他人に読まれている?
ネットストーカーに注意
顧客のメールアドレスが漏洩
対策は万全なはずなのに…
送った覚えがないのに…
オークションの商品が届かない
そんな簡単に儲かるの?
他人のIDで不正にオンライン株取引
中古パソコンによるデータの漏洩
クレジットカード番号が盗まれた
情報セキュリティ対策は万全だったはずなのに・・・
ファイル共有ソフトが原因で・・・
ワンクリック詐欺って怖い・・・
SQLインジェクションでサーバーの情報が・・・
事例13:他人のIDで不正にオンライン株取引

他人のIDで不正にオンライン株取引 これは、2002年6月に発生した事件です。

 証券会社の顧客になりすまして、オンライントレードシステムを利用して株の売買を行った情報処理サービス会社の社員Aが、不正アクセス禁止法違反、私電磁的記録不正作出・同供用で逮捕されました。

 情報処理サービス会社の社員であったAは、派遣先の証券会社でオンライントレードシステムに関わる作業を行った際に、ユーザー名パスワードなど、約3万8000人分の顧客情報を自分のノートパソコンにコピーして不正に入手していました。社内の自分の評価に不満があり、トラブルを起こすことそのものが目的であったそうです。

 なお、「自己中心的な犯行で、電子商取引の安全に不安を投げ掛けた」として、Aには、懲役2年6ヶ月、執行猶予3年の判決が言い渡されています。

アニメーションで説明を見る

国民のための情報セキュリティサイトトップへ