国民のための情報セキュリティサイト 国民のための情報セキュリティサイト
アニメの使い方更新履歴このサイトの利用方法サイトマップリンク集ダウンロードお問い合わせ
知識基礎知識インターネットって何? トップページへ戻る
基礎知識インターネットって何?
インターネットって何?
インターネットの仕組み
電子メールの仕組み
ホームページの仕組み
ショッピングサイトの仕組み
電子掲示板の仕組み
メーリングリストの仕組み
ネットオークションの仕組み
チャットの仕組み
ブログの仕組み
暗号化の仕組み
SSL/TLSの仕組み
ファイアウォールの仕組み
Cookieの仕組み
無線LANの仕組み
セキュリティホールとは?
スパイウェアとは?
携帯電話によるインターネット利用
ファイル共有ソフトとは?
SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)の仕組み
ASP・SaaSとは?
情報セキュリティって何?
プライバシーって何?
ウイルスって何?
スマートフォンって何?
情報セキュリティ関連の法律
ファイル共有ソフトとは?

 ファイル共有ソフトとは、インターネットで不特定多数のユーザーとファイルをやり取りするためのソフトウェアのことです。ファイル共有ソフトの仕組みはソフトウェアによって少しずつ異なりますが、その多くはファイルのやり取りをクライアント同士で行うP2P(Peer to Peer−ピア・トゥー・ピア)型というタイプのものです。

P2P型のファイル共有の仕組み

 P2P型のファイル共有は、通常の社内のネットワークで利用するファイル共有とは異なり、ファイルを提供するサーバーが固定されているわけではありません。ファイル共有ソフトによるファイル共有では、どのファイルがどこのコンピュータに存在するかというインデックス情報(ソフトウェアによって呼び方は異なります)が必要であり、ソフトウェアによって、中央に配置した専用のサーバーで管理したり、それぞれのコンピュータ(クライアント)が保有したりしています。このインデックス情報を元に、ファイルを保管しているコンピュータを特定して、欲しいファイルを直接コピーするという仕組みになっています。つまり、インデックス情報を共有化することによって、網の目のように張り巡らされたクライアント同士のネットワークで、ファイル共有システムを実現しているというわけです。

 最初に登場したファイル共有ソフトは、米国で1999年に発表されたNapster(ナップスター)です。Napsterは、サーバーインデックス情報とユーザーの接続だけを管理し、インデックス情報を元にして、クライアント間でファイルを転送する仕組みを持っていました。

 Napsterは音楽ファイル専用のファイル共有ソフトでしたが、やり取りされるコンテンツの多くが音楽CDから違法に複製されたものであったことから、大きな社会問題となり、最終的には音楽関連団体の訴えにより運営が差し止められました。また、そのコンテンツの内容だけでなく、Napsterのファイル転送量がインターネット回線を占有してしまうことも多く、大学などではNapsterの利用を禁止するところもありました。

 その後、日本でもWinnyWinMXといったファイル共有ソフトが登場し、ADSLなどのブロードバンド通信の普及に伴い、多くのユーザーに利用されました。しかし、そこで共有されるデータも、違法な音楽データ、映画、テレビ番組、ゲームソフトのファイルといったものが多く、著作権法違反幇助容疑でWinnyの開発者が逮捕されるという事件にまで発展しました。

 現在では、ファイル共有ソフトをターゲットにしたウイルスにより、企業や組織の機密情報がインターネット上に漏洩してしまうという事件が数多く発生しています。ファイル共有ソフトはできるだけ使わないことが望ましく、また自分ではファイル共有ソフトを使っていないつもりでもいつの間にか家族の誰かが勝手にインストールし、情報が漏洩してしまう事件も起こっています。ファイル共有ソフト使用の方針については家族にも徹底が必要です。

ページ参照事例17:ファイル共有ソフトが原因で・・・

(2009年3月更新)

国民のための情報セキュリティサイトトップへ