国民のための情報セキュリティサイト 国民のための情報セキュリティサイト
アニメの使い方更新履歴このサイトの利用方法サイトマップリンク集ダウンロードお問い合わせ
知識基礎知識インターネットって何? トップページへ戻る
基礎知識インターネットって何?
インターネットって何?
インターネットの仕組み
電子メールの仕組み
ホームページの仕組み
ショッピングサイトの仕組み
電子掲示板の仕組み
メーリングリストの仕組み
ネットオークションの仕組み
チャットの仕組み
ブログの仕組み
暗号化の仕組み
SSL/TLSの仕組み
ファイアウォールの仕組み
Cookieの仕組み
無線LANの仕組み
セキュリティホールとは?
スパイウェアとは?
携帯電話によるインターネット利用
ファイル共有ソフトとは?
SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)の仕組み
ASP・SaaSとは?
情報セキュリティって何?
プライバシーって何?
ウイルスって何?
スマートフォンって何?
情報セキュリティ関連の法律
ホームページの仕組み

 ホームページとは、Webサイトと呼ばれるインターネット上のひとまとまりのWebページのことです。元々は、Webサイトの入り口のページをホームページと呼んでいましたが、日本ではWebサイトと同じ意味で使われるようになりました。

 ホームページを閲覧する場合には、IE(Internet Explorer)NetscapeなどのWebブラウザURLアドレスを指定します。URLアドレスを指定すると、Webブラウザがインターネット上のWebサーバーを探して、目的のホームページを自分のコンピュータに表示します。

ホームページの仕組み

 URLアドレスは、「http://www.soumu.go.jp/joho_tsusin/joho_tsusin.html」のように指定します。「http」はホームページの閲覧に使用されるHTTPというプロトコルを表しています。「www.soumu.go.jp」はWebサーバーを指定しています。その後の「/joho_tsusin/joho_tsusin.html」がホームページの場所と名前を表しています。

 実際に、このようなURLアドレスで示されているWebサーバーに接続するためには、インターネット上にあるDNSサーバーを利用して、対象とするWebサーバーIPアドレスを取得するようになっています。

 ホームページの表示には、主にHTML形式のファイルが使用されます。このファイルの中には、画像や動画、音声などのマルチメディア情報を指定することができます。また、テキストやイラスト、図などにハイパーリンクを埋め込むことによって、ユーザーを別のWebページに誘導することができます。

アニメーションで説明を見る

国民のための情報セキュリティサイトトップへ