国民のための情報セキュリティサイト 国民のための情報セキュリティサイト
アニメの使い方更新履歴このサイトの利用方法サイトマップリンク集ダウンロードお問い合わせ
知識基礎知識インターネットって何? トップページへ戻る
基礎知識インターネットって何?
インターネットって何?
インターネットの仕組み
電子メールの仕組み
ホームページの仕組み
ショッピングサイトの仕組み
電子掲示板の仕組み
メーリングリストの仕組み
ネットオークションの仕組み
チャットの仕組み
ブログの仕組み
暗号化の仕組み
SSL/TLSの仕組み
ファイアウォールの仕組み
Cookieの仕組み
無線LANの仕組み
セキュリティホールとは?
スパイウェアとは?
携帯電話によるインターネット利用
ファイル共有ソフトとは?
SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)の仕組み
ASP・SaaSとは?
情報セキュリティって何?
プライバシーって何?
ウイルスって何?
スマートフォンって何?
情報セキュリティ関連の法律
インターネットの仕組み

 インターネットは、世界中のネットワークが接続されたネットワークです。会社や学校などのネットワークが、それぞれの契約しているプロバイダによって、インターネットに接続されています。

 インターネットには、メールサーバーWebサーバーのように、クライアントから送られる要求に対して、決められた動作を行うように設定されたサーバーがあります。それらのサーバーが互いに連絡を取り合うことで、電子メールを送信したり、Webブラウザでホームページを見ることができるようになっているのです。

インターネットの仕組み

 インターネットで情報の行き先を管理するために利用されているのが、それぞれのコンピュータに割り振られているIPアドレスと呼ばれる数字です。このIPアドレスは、世界中で通用する住所のようなもので、下記の例のような数字の組み合わせによって表記されるのが一般的です。

 IPアドレスは、各国ごとに設置された機関がIPアドレスを利用者に配布しています。日本では社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)という組織が、このIPアドレスを管理しています。

IPアドレスの例 127.0.0.1

 通常、電子メールでは“mail.soumu.go.jp”、ホームページのアドレスでは“www.soumu.go.jp”のように指定します。これはドメイン名を使用した記述方法で、これらのアドレスを受け取ったDNSサーバーが、IPアドレスに自動的に変換することで行き先を見つける仕組みになっています。

国民のための情報セキュリティサイトトップへ