国民のための情報セキュリティサイト 国民のための情報セキュリティサイト
アニメの使い方更新履歴このサイトの利用方法サイトマップリンク集ダウンロードお問い合わせ
知識基礎知識情報セキュリティ関連の法律 トップページへ戻る
基礎知識情報セキュリティ関連の法律
インターネットって何?
情報セキュリティって何?
プライバシーって何?
ウイルスって何?
スマートフォンって何?
情報セキュリティ関連の法律
法律違反の事例
刑法
著作権法
電気通信事業法
電子署名及び認証業務に関する法律
電子署名に係る地方公共団体の認証業務に関する法律
電波法
特定電子メールの送信の適正化等に関する法律
不正アクセス行為の禁止等に関する法律
有線電気通信法
法律違反の事例

 インターネットでは、互いに相手の顔が見えないために、気軽な気持ちでいたずらを仕掛けてしまうことがあるかもしれません。しかし、たとえ、いたずらであっても、法律に違反するような行為はしてはいけないということを、ひとりひとりがきちんと認識しておかなければなりません。

 ここでは、日本国内における法律違反の事例を紹介します。

不正に入手した他人のユーザー名パスワードを使って、サーバーに侵入した。

不正アクセス行為の禁止等に関する法律 第3条(不正アクセス行為の禁止)第1項、第2項の違反になる可能性があります。



不正に入手した他人のユーザー名パスワードを知り合いに電子メールで送った。

不正アクセス行為の禁止等に関する法律 第4条(不正アクセス行為を助長する行為の禁止)の違反になる可能性があります。



不正に入手した他人のユーザー名パスワードを使って、プロバイダメールサーバーにアクセスし、勝手に電子メールを閲覧した。

メールサーバーに不正にアクセスしたことで、不正アクセス行為の禁止等に関する法律 第3条(不正アクセス行為の禁止)第1項、第2項の違反になる可能性があります。
また、プロバイダサーバーに保存されている電子メールを許可なく閲覧したことで、電気通信事業法 第4条第1項の違反になる可能性があります。



プロバイダサーバーに侵入し、サーバーに保管されていたホームページの内容を消去したり、書き換えたりした。

プロバイダサーバーに保管されていたデータの消去や書き換えは、刑法 第234条の2(電子計算機損壊等業務妨害)に該当する可能性があります。
また、書き換えたホームページの内容によっては、刑法 第175条(わいせつ物頒布等)や刑法 第230条(名誉毀損)に該当する可能性があります。



Webサーバーセキュリティホールを利用してサーバーに侵入した。

不正アクセス行為の禁止等に関する法律 第3条(不正アクセス行為の禁止)第1項、第2項の違反になる可能性があります。



ホームページ上で海賊版のソフトウェアを販売した。

著作権法の違反になる可能性があります。また、海賊版ソフトの交換も同法の違反になる可能性があります。



ファイル共有交換ソフトを利用して、アクセスしてきた不特定多数のユーザーにソフトウェアを配信した。

著作権法の違反になる可能性があります。また、実際に配信しなくても、他人の著作物を著作者に許可なくインターネット等でダウンロード可能な状態にしておくことも、同法の違反になる可能性があります。



インターネットのオークションサイトで存在しない商品を出品し、落札者に現金を振り込ませて騙し取った。

刑法 第246条(詐欺)に該当する可能性があります。

国民のための情報セキュリティサイトトップへ