国民のための情報セキュリティサイト 国民のための情報セキュリティサイト
アニメの使い方更新履歴このサイトの利用方法サイトマップリンク集ダウンロードお問い合わせ
知識基礎知識スマートフォンって何? トップページへ戻る
基礎知識プライバシーって何?
インターネットって何?
情報セキュリティって何?
プライバシーって何?
ウイルスって何?
スマートフォンって何?
スマートフォンの特性
情報セキュリティ関連の法律
スマートフォンの特性

アプリケーションを追加してカスタマイズする スマートフォンは、これまでの携帯電話よりも便利に使える一方で、その便利さゆえの注意点があるということを知っておく必要があります。スマートフォンは、危険なアプリケーションダウンロードすることなどで、ウイルスに感染する危険性があります。また、アプリケーションによっては、さまざまな個人情報やプライバシー情報がスマートフォンに蓄積されるようになっているため、万が一情報漏えいが発生した場合のリスクを意識しながら、個人情報などの管理をすることが大切です。

 スマートフォンの普及により、国内の携帯電話を取り巻く状況も変化してきています。ビジネスモデルは、携帯電話事業者が中心となって収益を上げていたモデルから、携帯電話事業者以外にも、OS提供事業者、端末製造事業者等、さまざまな事業者が複雑に関わりながら、それぞれに収益を上げるモデルへと変容しています。

セキュリティモデルの特徴

 スマートフォン向けOSでは、制限されたアクセス範囲でのみアプリケーションを動作させることによってデバイスやデータが不正に操作されるのを防ぐ、サンドボックスと呼ばれるセキュリティモデルが多く使用されています。しかし、利用者が一旦、過大なアクセス範囲を承認してしまうと、このセキュリティモデルが有効に機能しなくなるという危険性も持ち合わせています。

アプリケーションの追加によりウイルスに感染する危険性 アプリケーションによっては、利用者側の個人情報や位置情報を使って、より便利なサービスを提供しているものも多くあります。そうしたアプリケーションは、利用者自身が事前にアクセス範囲の承認をするようになっていますが、便利なサービスを利用できる代わりに、個人情報漏えいなどにつながるリスクが高くなるということを知っておかなくてはなりません。

通信路の多様性

 これまでの携帯電話は、基本的には携帯電話事業者のネットワークのみを使用して通信していました。それに対してスマートフォンは、携帯電話事業者のネットワークと、その他回線設置事業者の無線LANの、双方のネットワークによる通信が可能です。通信路の多様化によって利用者の利便性が向上する一方、無線LAN自体の情報セキュリティ上の課題等が問題になってきます。

通信路の多様性

国民のための情報セキュリティサイトトップへ