国民のための情報セキュリティサイト 国民のための情報セキュリティサイト
アニメの使い方更新履歴このサイトの利用方法サイトマップリンク集ダウンロードお問い合わせ
知識用語辞典 トップページへ戻る
用語辞典は行
英字
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行

は行

は先頭に戻る

パーソナルファイアウォール重要ワード

個人で利用するためのファイアウォール製品。
ソフトウェアとして提供されることが多く、インターネットに接続するコンピュータにインストールして利用します。

ページ参照知識:ファイアウォールの仕組み

パーミッション

ファイルやディレクトリに設定するユーザーごとのアクセス権限のこと。
インターネットで利用されるWebサーバーFTPサーバーは、不特定多数のユーザーのアクセスを受け付けることになります。それらのサーバーを安全に利用するためには、使用されるファイルやディレクトリのひとつひとつに、読み込み、書き込み、実行の権限を適切に設定しなければなりません。
たとえば、HTMLファイルに、ユーザーによる書き込みや実行を許可しなければ、ユーザーはWebページを読み込むことができても書き込むことはできないため、不正なユーザーによる改ざんの危険性を減らすことができます。

バイオメトリックス重要ワード

人間の身体的な特徴のこと。生体情報とも言います。
これを利用した認証方法をバイオメトリックス認証と言い、指紋や網膜、声紋、静脈(静脈の血管形状パターン)など、さまざまな認証方法が研究されています。なりすましがしにくい認証方法であり、ユーザー名パスワードによる認証や、ICカードなどの持ち物による認証に比べて、一般的に情報セキュリティが強化されます。
キーボードによる入力が不要になるため、キーボードを持たない環境(ドアなど)や、携帯電話のように、キーボードよりも速やかな認証を行ないたい場面でも利用され始めています。

ページ参照知識:生体認証とは?

ハイパーリンク

リンクのこと。

ハウジングサービス

インターネットに接続されたサーバーの設置場所を貸し出すサービスのこと。
耐震設備や入退室管理などの情報セキュリティ対策を施した環境を持ち、サーバーの設置場所とともに、通信回線、電源設備などを提供するサービスです。

パケット重要ワード

ネットワークを通して送信されるデータを分割する際に使われる単位のこと。
たとえば、ファイルを他のコンピュータに送信する際には、ファイルのデータをいくつかのパケットに分割して、各パケットにヘッダ情報を付加します。
ヘッダには、IPアドレスなどの相手のコンピュータを識別する情報、受信した相手がパケットに分割されたデータを組み立て直すためのそれぞれのパケットの順番情報と、データのエラー補正のための情報などが含まれています。
送信データをパケットに分割することにより、データの送信途中にエラーが発生してデータの再送信が必要になっても、データ全体を再送信するのではなく、パケット単位で再送信を行うだけで済むため、データの転送効率を向上させることができます。
現在の携帯電話では、インターネットの接続料金をこのパケットの単位で課金されることが多いようです。

パスワード重要ワード

本人であることを確認するために、ユーザー名とともに入力する文字列。
銀行のキャッシュカードの暗証番号も、一種のパスワードです。

ページ参照対策:パスワードに注意(プロバイダ利用者向け)
ページ参照対策:パスワードの管理(自設サーバー利用者向け)
ページ参照対策:安全なパスワード管理(社員・職員全般向け)
ページ参照対策:パスワード管理の推奨(情報管理担当者向け)

パスワード生成ソフト(パスワード・せいせい・ソフト)

パスワードを自動的に生成するソフトウェア。
生成されるパスワードはソフトウェアの持つアルゴリズム(仕組み)によって異なりますが、指定したキーワードから決められた文字種と文字数によるパスワードを作り出すことができるものが多いようです。
ただし、生成されたパスワードが解析しやすいものになってしまう可能性があります。その場合には、パスワードの安全度を調べるWebサイトなどを活用して、安全度を検証してみてください。

ハッカー重要ワード

コンピュータ技術に長けた人のこと。または、コンピュータ技術を利用して、ハッキングを行う人のこと。
本来は、悪い意味の言葉ではありませんでしたが、現在では、悪意を持って、コンピュータの不正利用や攻撃を行うクラッカーと同じ意味でも使われることが増えています。

ハッキング重要ワード

高度なコンピュータ技術を利用して、システムを解析したり、プログラムを修正したりする行為のこと。
本来は悪い意味を持つ言葉ではありませんでしたが、現在は不正にコンピュータを利用する行為全般のことをハッキングと呼ぶことが増えています。そのような悪意のある行為は、本来はクラッキングと呼ばれます。

ハッキングツール

不正侵入を可能にするソフトウェア。
ハッカー自身が利用するツールや、ターゲットとするコンピュータに侵入させて情報を送出させるプログラムなどがあります。
また、ハッキングツールの中には、ハッキング技術を持たない人でも容易にハッキングできるように作られたものもあります。

バックアップ

データを磁気テープなどの別の記憶媒体に保存して、大事なデータの複製を作っておくこと。
バックアップを取っておくことで、データが壊れてしまったときに、バックアップ時の状態に復元することができます。

バックアップソフト

コンピュータシステムの環境やディスクに保管されているファイルを保管するためのソフトウェア。
市販のバックアップソフトでは、OSに付属しているバックアップツールに比べて、多くの機能が装備されています。

バックアップツール

コンピュータシステムの環境やディスクに保管されているファイルを保管するためのソフトウェア。
ツール(tool)には、“道具”という意味があり、OSなどにあらかじめ装備されている小さなプログラムを表すことがあります。
別の言い方で、バックアップユーティリティと呼ぶこともあります。ユーティリティ(utility)には、“便利なもの”という意味があります。

バックアップメディア

バックアップに利用する記憶媒体のこと。
代表的なバックアップメディアには、テープCD-RDVD-RAMがあります。

バックドア重要ワード

外部からコンピュータに侵入しやすいように、“裏口”を開ける行為、または裏口を開けるプログラムのこと。
このプログラムが実行されてしまうと、インターネットからコンピュータを操作されてしまう可能性があります。
なお、一部のウイルスでは、感染時にバックドアを埋め込むことがあります。

パッチ重要ワード

完成したプログラムに対して、セキュリティホールなどを塞ぐために後から配布される修正プログラム。
メーカーのホームページや雑誌の付録CD-ROMなどで提供されます。

バッファ

プログラムの実行時に、一時的に使用される記憶領域のこと。

バッファオーバーフロー重要ワード

代表的なセキュリティホールのひとつバッファの領域を超えた量のデータが読み込まれた場合に、プログラムが異常な動作を行うこと。もしくは、そのような動作を利用した攻撃方法のこと。
たとえば、バッファオーバーフローのセキュリティホールが残されているWebサーバーでは、インターネットから不正なプログラムが実行されたり、システムが停止されてしまったりする危険性があります。

ひ先頭に戻る

光回線(ひかりかいせん)

光ファイバーを利用した通信回線のこと。
ブロードバンド回線のひとつで、光ビームによってデータを送信する通信回線です。
電気信号を用いるADSL(エー・ディー・エス・エル)よりも高速で減衰が少なく、電気的干渉を受けにくいことから、高速なデータ通信や長距離のデータ通信に適しています。

光磁気ディスク(ひかりじき・ディスク)

レーザーと磁気を併用した記録メディア。
光磁気ディスクは読み書きが可能な大容量のメディアで、レーザーと磁気を利用してディスク上のデータの読み書きを行います。MOディスクとも呼ばれています。

秘密鍵(ひみつかぎ)重要ワード

公開鍵暗号方式による暗号化を利用する場合に、他人に見せることなく所有する鍵のこと。

標準テンプレートファイル(ひょうじゅん・テンプレート・ファイル)

通常の文書を作成する際に利用されるテンプレートファイルのこと。
テンプレートファイルとは、新規文書の基本的な設定情報をファイルに記録したものです。

ふ先頭に戻る

ファイアウォール重要ワード

外部のネットワークと内部のネットワークを結ぶ箇所に導入することで、外部からの不正な侵入を防ぐことができるシステムのこと。またはシステムが導入された機器。
ファイアウォールには“防火壁”の意味があります。火災のときに被害を最小限に食い止めるための防火壁から、このように命名されています。
また、ウイルス対策ソフトに機能が統合された、個人向けのパーソナルファイアウォールソフトもあります。

ページ参照知識:ファイアウォールの仕組み

ファイル共有(ファイル・きょうゆう)

ネットワークを介して、ひとつのファイルを複数のコンピュータで利用できるようにすること。
ファイルの共有機能を使うと、フロッピーディスクなどの記憶媒体を使用せずに、複数のコンピュータ間でデータをやり取りすることができるようになります。

ファイル共有ソフト(ファイル・きょうゆう・ソフト)重要ワード

複数のユーザーによるネットワークでのファイルのやり取りを可能にしたソフトウェア。ファイルの交換は、P2P(ピア・トゥー・ピア)で実行される。
同じような機能を持つソフトウェアには、ファイル交換ソフトがあります。
厳密な分類としては、WinMXNapsterのようにクライアントを特定するシステムをファイル交換ソフトと呼び、Winnyのようにクライアントを特定しないシステムをファイル共有ソフトと呼びます。
インターネットで利用できるファイル共有ソフトを使用すると、ファイル自体を保管するサーバーを用意することなく、必要なファイルを個々のコンピュータ間でやり取りすることができるようになります。
利用者にとっては便利なソフトウェアですが、このようなファイル共有ソフトを利用して、インターネットで音楽、映画、ゲームソフトなど、違法なデータがやり取りされることが増えてきたため、大きな社会問題のひとつになっています。

ファイルサーバー

ファイルを保存して、ファイル共有の機能を提供するコンピュータのこと。
企業や組織では、共有する文書ファイルを保管するために利用しています。

フィッシング詐欺(フィッシング・さぎ)重要ワード

企業や組織などからの内容であると偽った電子メールを送りつけ、偽のホームページに接続させて、個人情報やクレジットカード番号、ログイン情報などを入手する詐欺行為のこと。

ページ参照対策:フィッシング詐欺に注意(一般利用者向け)
ページ参照事例15:クレジットカード番号が盗まれた

フォーマット

ワープロソフトや表計算ソフトにおける文字などの書式設定のこと。また、記憶媒体を初期化して、使用できる状態にするという意味もあります。

復号(ふくごう)重要ワード

暗号化されたデータを元に戻して、人やコンピュータが識別できる情報にすること。

復号鍵(ふくごうかぎ)

データを復号するときに使われる鍵のこと。

不正アクセス(ふせい・アクセス)重要ワード

利用する権限を与えられていないコンピュータに対して、不正に接続しようとすること。実際にそのコンピュータに侵入したり、利用したりすることを不正アクセスに含むこともあります。
日本国内においても、インターネットに接続されたコンピュータに対する不正アクセスによる被害が急増したため、これらの行為を処罰する不正アクセス禁止法が施行されました。

不正侵入(ふせいしんにゅう)

利用する権限を与えられていないネットワークやコンピュータに侵入して、不正にネットワークやコンピュータを操作する行為。

不正ログオン(ふせい・ログオン)

コンピュータやネットワークサービスなどに、権限を持たないユーザーが、他人のユーザー名パスワードログオンする行為のこと。
他人のユーザー名パスワードを本人の同意を得ずに利用することは、不正アクセスとして違法行為になります。

踏み台(ふみだい)重要ワード

不正侵入の中継地点として利用されるコンピュータのこと。
他人のコンピュータに侵入するときに、直接自分のコンピュータから接続すると、接続元のIPアドレスによって、犯人が特定されてしまう可能性があります。そこで、いくつかのコンピュータを経由してから、目的のコンピュータに接続することで、犯人が自分のコンピュータを探しにくくします。このように、現実的な被害はないけれども、不正侵入の中継地点としてのみ利用されるコンピュータのことを踏み台と言います。

プライバシー

“私人の秘密”、“他人の干渉を許さない、各個人の私生活上の自由”のこと(広辞苑より引用)。

プライバシーの侵害(プライバシーのしんがい)

他人のプライバシーに関する権利を損なうこと。

プライバシーポリシー

ホームページなどで個人情報の扱い方や考え方を明記したもの。
たとえば、ショッピングサイトで買い物するときには、住所や氏名などの個人情報の入力が必要です。そのため、ショッピングサイトでは多くの個人情報が収集されます。これらの個人情報については、ホームページの管理者がプライバシーポリシーを定めて、正しい方法で管理する責任があります。

ブラウザクラッシャ重要ワード

ホームページの訪問者に対して、連続的に新しいウィンドウを開いたり、電子メールのメッセージウィンドウを開いたりすることで、訪問者のコンピュータに異常な動作をさせるWebページのこと。
省略して、ブラクラとも呼ばれています。

プラグインソフト

Webブラウザなどのソフトウェアに対して、機能を追加するための拡張プログラムのこと。

プラットフォーム

ソフトウェアが動作する土台となる基本システムOSのこと。

フリーウェア

無償で使用できるソフトウェアのこと。フリーソフト、フリーソフトウェアと呼ばれることもあります。
主に、インターネットで公開されており、ダウンロードして利用できるようになっています。
ただし、利用制限等のあるフリーウェアも存在するので、商用利用の場合などには確認が必要です。

プリンタの共有(プリンタのきょうゆう)

ネットワークを介して、複数のコンピュータで1台のプリンタを共有して利用すること。共有されたプリンタのことを、ネットワークプリンタと呼ぶこともあります。

プレビュー

電子メールを読む前に、小さなウィンドウで中身を確認すること。または、プリンタで印刷する前に、コンピュータの画面上で印刷のイメージを確認すること。

ブロードバンド

ネットワークにおける広帯域幅を表す言葉。
大容量のデータを高速に流すことができるADSL光回線などのネットワークやそこで提供されるサービスを指すこともあります。

ブロードバンドネットワーク

大容量のデータを高速に流すことができるネットワークのこと。
ブロードには“広い”、バンドには“幅”や“帯域”という意味があります。ブロードバンドネットワークとは、ADSL光回線などのように、帯域が広い高速データの転送に適した回線のことを表します。

ブロードバンドルーター

ADSL光回線などのブロードバンドネットワークで、インターネットに接続する際に利用するルーターのこと。
ブロードバンドルーターの多くには、ファイアウォール機能など、安全にインターネットを利用できるようにするための機能も装備されています。

ブログ

インターネット上で公開されている日記形式のホームページのこと。
もともとは、「Web log」(ホームページの履歴の意味)から派生した言葉であると言われています。

ページ参照知識:ブログの仕組み

プロトコル

ネットワークを介してコンピュータ同士がデータをやりとりするために定められた、データ形式や送受信の手順などの国際標準規則のこと。通信プロトコルとも呼ばれます。
文化や言語が異なる国と国との外交様式の決めごとというのが元々の意味です。コンピュータや通信機器も、メーカーや機種ごとに通信形式が異なると相互に通信が行えないため、ITU-Tなどの国際機関で標準が決められています。標準に準拠した形で開発されるため、コンピュータや通信機器は、メーカーが異なっても相互に通信を行うことができるのです。

プロバイダ

インターネットに接続できるサービスを提供する事業者のこと。
通常、電子メールを送ったり、ホームページを閲覧するためには、プロバイダと契約する必要があります。

へ先頭に戻る

ヘッダ

データの先頭にあるデータ自体の内容を表す情報。または、印刷した用紙の上部に固定で印字するタイトルなどの文字。
たとえば、電子メールには、本文の前にヘッダの情報があります。電子メールのヘッダには、送信者、送信先、送信日時などの情報が書き込まれています。なりすましメール爆弾などの被害にあった場合に、電子メールの送信者を突き止めるための情報として利用できます。

ペネトレーションテスト

侵入テストのこと。

ほ先頭に戻る

傍受(ぼうじゅ)

交信者以外の人間が無線の通信内容を入手する行為。
故意または偶然のどちらであっても傍受となります。

ポータルサイト

インターネットや特定の情報のまとまりに対する入り口となるWebサイトのこと。ポータル(Portal)とは、入り口や玄関のことです。
ポータルサイトには、検索エンジンやリンク集などが用意されており、そこから別のWebサイトに遷移することができるようになっています。

ポート重要ワード

インターネットで情報のやり取りを行うために、使用される番号のこと。ポート番号またはサービス番号とも呼ばれています。
IPアドレスとともに指定される補助用のアドレスで、通常、プロトコルに応じてポートが割り当てられています。
たとえば、FTPは21、HTTPには80が使用されています。

ホスト名(ホスト・めい)

ネットワーク上の1台1台のコンピュータを識別するための名前のこと。

ボット重要ワード

コンピュータを外部から遠隔操作するためのコンピュータウイルスのこと。
ボットに感染してしまうと、インターネットを通じて、悪意のあるハッカーにコンピュータを遠隔操作されてしまうことがあります。外部から遠隔操作するという動作から、このようなウイルスのことをロボット(Robot)をもじってボット(BOT)と呼んでいます。

ページ参照知識:ボットとは?

ボットネットワーク

ボットに感染したコンピュータによって構成される特殊なネットワークのこと。
ボットネットワークに接続されたコンピュータは、インターネット上から攻撃者が指示を出すことで、迷惑メールの配信や他のコンピュータへの攻撃などを行うようになります。

 

国民のための情報セキュリティサイトトップへ