国民のための情報セキュリティサイト 国民のための情報セキュリティサイト
アニメの使い方更新履歴このサイトの利用方法サイトマップリンク集ダウンロードお問い合わせ
知識用語辞典 トップページへ戻る
用語辞典か行
英字
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行

か行

か先頭に戻る

書き込みフォーム(かきこみ・フォーム)

ホームページ上で、氏名やメールアドレスなどの情報を書き込む機能を持ったWebページのこと。
クレジットカード番号や個人情報などの大事な情報を書き込む際には、SSL認証などで保護されているページであるかどうかに注意しなければなりません。

隠しファイル属性(かくし・ファイル・ぞくせい)

Windowsで個々のファイルに設定することができる属性のひとつ。
システムの動作に関連した重要なファイルに隠しファイル属性を設定すると、ユーザーが誤って削除したり修正したりすることを防ぐことができます。なお、Windowsの初期設定では、隠しファイル属性が設定されたファイルは、エクスプローラやフォルダウィンドウには表示されません。

拡張子(かくちょうし)

ファイル名のピリオド以降に指定されている文字列。
ファイルの種類を表す2〜4字の文字列で、ファイルの種類を表わします。たとえば、拡張子が「.exe」のファイルは実行可能なファイルであることを、「.htm」のファイルはHTMLファイルであることを示しています。
Windowsでは、この拡張子によって、表示されるアイコンが変化します。

カスタマイズ

利用者の好みや使い勝手に合わせて、見た目や機能を使いやすく設定すること。

壁紙(かべがみ)

コンピュータのデスクトップの背景として表示されている画像のこと。
コンピュータに用意されているファイルから好みの画像を選択するだけでなく、デジカメで撮影した写真やインターネットからダウンロードしたファイルなどを設定することもできます。

可用性(かようせい)重要ワード

認可された利用者が、必要なときに情報にアクセスできることを確実にすること。
国際標準化機構(ISO)が定める標準に定義されるもので、Availability(アベイラビリィティ)の訳語です。

完全性(かんぜんせい)重要ワード

情報及び処理方法の正確さおよび完全である状態を安全防護すること。
国際標準化機構(ISO)が定める標準に定義されるもので、Integrity(インテグリティ)の訳語です。

き先頭に戻る

キーロガー

キーボードからの入力を記録するソフトウェア。
最近は、ウイルスなどを使ってコンピュータに常駐させることで、ユーザーIDやパスワード、クレジットカード番号などを不正に入手するために利用されることが増えています。

記憶媒体(きおくばいたい)

コンピュータで作成したデータを保存しておくもの。記憶メディアや記録メディア、または単にメディアと呼ばれることもあります。現在のコンピュータで利用されている記憶媒体には、ハードディスク、フロッピーディスク、CD-ROM、光磁気ディスクMOディスク)などがあります。

基幹サーバー(きかん・サーバー)

情報システムにおいて、業務に密接に関連したサービスを提供しているサーバーのこと。
基幹サーバーが停止してしまうと、組織の運営そのものに影響してしまうため、通常は信頼性が高く、性能の良いサーバーが使用されます。たとえば、企業の場合は、会計管理や販売管理、在庫管理を行うサーバーが基幹サーバーにあたります。

基幹システム(きかん・システム)

企業や組織内において、業務の中心的な役割を果たすための情報システムのこと。
業種によって異なりますが、多くの場合は、販売管理システムや在庫管理システムが基幹システムとなります。
基幹システムは、停止した際に業務自体に影響を与えてしまうことと、機密情報が格納されることが多いため、万全の情報セキュリティ対策による安定性と安全性が要求されます。

起動ディスク(きどう・ディスク)

コンピュータを動かすときにOSを起動するためのプログラムが保存されているハードディスクやフロッピーディスクのこと。
コンピュータがハードディスクから起動しなくなってしまった場合や、ウイルスなどによって、コンピュータが正常に動作しなくなってしまったときに、コンピュータを再設定することがありますが、このようなときに利用する特別なフロッピーディスクを起動ディスクと呼ぶこともあります。

機密性(きみつせい)重要ワード

情報にアクセスすることが認可されたものだけがアクセスできることを確実にすること。
国際標準化機構(ISO)が定める標準に定義されるもので、Confidentiality(コンフィデンシャリティ)の訳語です。

キャッシュ

データを一時的にメモリなどに格納して、次回のWebサイトへのアクセスの際にサーバーにアクセスすることなく表示できる複製されたデータのこと。サーバーへのアクセスを軽減するとともに、表示の高速化が可能となります。

キャプチャ

コンピュータの画面を取り込んで画像ファイルにすること。また、コンピュータにテレビやビデオカメラなどの動画を取り込むこともキャプチャと呼びます。

共有フォルダ(きょうゆう・フォルダ)

他のユーザーが利用できるように設定したコンピュータ上のディスク領域のこと。
現在のWindowsでは、サーバーだけでなく、クライアントであっても、共有フォルダを作成することができます。
共有フォルダは、利用者にとっては便利なものですが、適切な設定を行わずに利用した場合には、ネットワーク上からファイルを参照できてしまうため、情報セキュリティ上のリスクとなることがあります。共有フォルダを安全に利用するには、指定したユーザーだけが利用できるようにアクセス制限をかけておく必要があります。

く先頭に戻る

クライアント

ネットワーク上で情報やサービスを利用するコンピュータのこと。
通常は、一般ユーザーが利用するコンピュータがクライアントになります。
なお、クライアントが要求した情報やサービスを提供するコンピュータは、サーバーと呼ばれています。

クライアント/サーバー型(クライアント/サーバー・がた)

ネットワークによるシステム形態のひとつ。現在のもっとも一般的なシステムの方式です。
情報を提供するサーバーと、情報の提供を受けるクライアントから構成されます。
クライアント(顧客)がサーバー(提供者)に対して、要求した情報を受け取ることで、さまざまなサービスを提供する方式です。クライアント/サーバー型の代表的なサービスとしては、Webサーバーによるホームページの配信、メールサーバーとの電子メールのやり取り、ファイルサーバーとのファイルのやり取りといったものがあります。

クラッカー重要ワード

悪意を持って、システム不正侵入したり、データの改ざんや破壊などを行ったりする人のこと。

クラッキング重要ワード

悪意を持って、システム不正侵入したり、データの改ざんや破壊などを行う行為。

グローバルIPアドレス(グローバル・アイ・ピー・アドレス)

インターネットにおいて、全世界で固有の番号を持つIPアドレスのこと。
企業や組織内のネットワークでは、利用者が自由に使うことが許可されているプライベートIPアドレスという番号を使用して、コンピュータを管理します。しかし、プライベートIPアドレスでは、インターネット上で数多くのコンピュータが重複することになるため、インターネットに接続する場合には、すべてのコンピュータがグローバルIPアドレスを使用しなければなりません。
現在のアドレス体系では、全世界のコンピュータにグローバルIPアドレスを割り当てるには、アドレスの数が不足しているため、ルーターがプライベートIPアドレスとグローバルIPアドレスの変換作業を行います。個人ユーザーの場合には、プロバイダから一時的にグローバルIPアドレスを割り当ててもらいます。

け先頭に戻る

決済システム(けっさい・システム)

料金を支払うための仕組み全般のこと。
銀行口座からの自動引き落としの他にも、クレジットカードや電子マネーを利用する仕組みもあります。
最近では、インターネットや携帯電話を利用した決済システムも数多く利用されています。

 

こ先頭に戻る

公開鍵(こうかいかぎ)重要ワード

公開鍵暗号方式による暗号化を利用する場合に、相手に渡す鍵のこと。多くの場合、不特定多数に公開します。

公開鍵暗号方式(こうかいかぎあんごうほうしき)

公開鍵暗号方式は、暗号化復号で異なる鍵を使用する暗号方式です。一方の鍵を公開鍵、もう一方を秘密鍵とすることで、途中で覗き見されることなくデータを送信したり、改ざんを検知できたりします。多くの人と暗号化して情報のやりとりをするときに有効で、電子証明書やデジタル署名等で使用されます。

公衆無線LAN(こうしゅうむせん・ラン)

駅や街中など、公共の場所で誰でも利用できるように設定された無線LANの施設やサービスのこと。

個人情報保護法(こじんじょうほうほごほう)重要ワード

個人の権利と履歴を保護するために、2005年4月から施行された法律。
個人情報保護法では、個人情報を所有する事業者に対する義務や対応を定めています。

ページ参照対策:個人情報取扱事業者の責務(組織幹部向け)

個体識別番号(こたいしきべつばんごう)

ワンクリック詐欺で利用される言葉。
個体識別番号とは、携帯電話から個人を識別できたように見せかけるためにWebサイトに表示される番号です。しかし、これらの番号からは個人情報(氏名や住所、電話番号)を入手することはできません。
固体識別番号と表記されている場合もあります。

ページ参照対策:ワンクリック詐欺の概要(一般利用者向け)

固有識別番号(こゆうしきべつばんごう)

ワンクリック詐欺で利用される言葉。
個人を特定できたように見せかけるために使用される言葉ですが、その多くはプロバイダ情報などであり、実際に個人を特定できる情報がインターネットに流れているわけではありません。

ページ参照対策:ワンクリック詐欺の概要(一般利用者向け)

コンテンツ

「内容」や「中身」を表す言葉。
インターネットでは、ホームページ上の情報をコンテンツと呼んでいます。また、小説や映画、テレビ番組、音楽などを電子化したデータについてもコンテンツと呼びます。

コンピュータシステム

ハードウェアやソフトウェア、環境設定などを含むコンピュータで動作するひとまとまりの仕組みや機能全体のこと。
コンピュータを利用して動作する情報システムの仕組みのことを、コンピュータシステムと呼ぶこともあります。

国民のための情報セキュリティサイトトップへ