総務省トップ > 政策 > 国民生活と安心・安全 > 電子署名・タイムスタンプ

電子署名・タイムスタンプ

 インターネットを通じて情報のやりとりをする際には、お互いに相手が誰なのか(別人がなりすましてはいないか)、といったことが確認できれば安心してやりとりができます。

 このページでは、電子署名や電子認証、タイムスタンプについて、意義・必要制や関連制度を紹介していきます。

電子署名

電子署名・認証の必要性

 インターネットの普及、電子商取引市場の拡大等の状況について紹介するとともに、「電子署名」、「PKI」等について説明します。

電子署名及び認証業務に関する法律(電子署名法)

 電子署名法制定の背景や、電子署名・認証をとりまく現況について紹介するとともに、電子署名法関連法令(法律、政令、省令等)を掲載します。

電子署名・認証の活用動向

 国や地方公共団体への申請手続等における電子署名・認証の活用動向について紹介します。

電子署名を行う上での注意事項

 実際に電子署名を施して情報のやりとりを行うに当たり、留意すべき点について説明します。

タイムスタンプ

タイムスタンプについて

 ある時刻にその電子データが存在していたことと、それ以降改ざんされていないことを証明する技術である「タイムスタンプ」について紹介します。

ページトップへ戻る