総務省トップ > 組織案内 > 審議会・委員会・会議等 > 地方財政審議会 > 会議資料 > 平成31年度・令和元年度 > 令和元年度地方財政審議会(9月3日)議事要旨

令和元年度地方財政審議会(9月3日)議事要旨

日時

令和元年9月3日(火)10時00分〜11時00分

場所

地方財政審議会室

出席者

(委員)堀場 勇夫(会長)宗田 友子 植木 利幸
野坂 雅一 星野 菜穂子

(説明者) 大臣官房企画課 企画官 櫻井 泰典

議題

「Society5.0時代の持続可能な地域社会の構築(総務省重点施策2020)」について
今回の議題は、「Society5.0時代の持続可能な地域社会の構築(総務省重点施策2020)」が8月30日に公表されたことに鑑み、その説明を受けるものである。

資料

要旨

標記の件について、説明を受け、質疑応答及び意見交換を行った。

(主な内容)

○ マイナンバーカードの普及・利活用の促進に向けて、今後の目標も踏まえ、工夫して広報などにしっかり取り組んでいくべきである。

○ 政府方針である「地方創生」について、まち・ひと・しごと創生本部事務局とも連携しながら進めていくことが重要である。

○ 本年が第2期「まち・ひと・しごと総合戦略」策定の年であるため、総務省としても「地方創生」や「地域経済の活性化」にこれまで以上にしっかり取り組んでいくべきである。

○ 5Gの整備は重要課題であり、民間と公的セクターの役割分担を踏まえつつ、これまでの取組状況と今後どのように進めていくのかについて、分かりやすい説明が必要である。

○ 過疎対策について、Society5.0時代の技術を活用した取組とともに、よりベーシックな取組についても、継続して着実に実施していくべきである。

○ 公的統計の信頼回復に向けて、統計人材の確保・育成支援に関する施策に取り組むことは重要である。

ページトップへ戻る

地方財政審議会
サイドナビここから
サイドナビここまで