総務省トップ > お知らせ > 無線LAN(Wi-Fi)暗号化における脆弱性について(注意喚起)

お知らせ

平成29年10月18日

無線LAN(Wi-Fi)暗号化における脆弱性について(注意喚起)

 10月16日(米国時間)、無線LAN(Wi-Fi)の暗号化規格であるWPA2における脆弱性が公開されました。
  現時点で、今回の脆弱性を悪用した攻撃・被害は確認されていませんが、今後、本脆弱性が悪用され、WPA2通信の盗聴等が行われる可能性がありますので、以下の対策の方法をご確認ください。


 【対策の方法】

 
  • ソフトウェアのアップデート
 ご利用されている機器の各メーカーから修正プログラムが配布され次第、速やかに修正プログラムを適用し、最新の状態にアップデートしてください。
 
  • HTTPSによるサイトの利用
 クレジットカード番号や個人情報等、大切な情報をインターネット上で入力する際には、HTTPSによって暗号化されたサイト等であることを確認してください。



【参考】  国民のための情報セキュリティサイト

Wi-Fi(無線LAN)の安全な利用について
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/security/wi-fi.html

ソフトウェアを最新に保とう
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/security/enduser/security01/01.html
連絡先
情報流通行政局サイバーセキュリティ課
電話:03-5253-5749(直通)
FAX:03-5253-5752

ページトップへ戻る