総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > 迷惑メール情報提供用プラグインソフトの配布開始

報道資料

平成23年4月1日

迷惑メール情報提供用プラグインソフトの配布開始

 総務省は、迷惑メールを受信された方に、簡便に迷惑メールに関する情報提供をしていただくため、迷惑メール情報提供用プラグインソフトを開発し、本日より、専用ウェブサイトでの配布を開始します。

1 概要
 総務省では、「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律(平成14年法律第26号。以下「特定電子メール法」という。)に違反していると思われる電子メールについて、受信された方から情報提供を受け付けています。
 今般、情報提供を簡便にしていただけるようにするため、迷惑メール情報提供用のプラグインソフトを作成し、本日より、配布を開始します。
2 迷惑メール情報提供用プラグインソフト
 本プラグインソフトを、ご使用のPCのメールクライアントにインストールすることにより、メールクライアントからの情報提供を簡易な操作で行うことができます。
 提供された迷惑メールの情報は、特定電子メール法違反者への措置等に活用されます。

 本プラグインソフトの概要については別紙のとおり。

連絡先

総合通信基盤局電気通信事業部消費者行政課
久保田課長補佐、中村不適正利用防止係長、塚本
電話 : 03−5253−5487(直通)
FAX : 03−5253−5948


別紙 迷惑メール情報提供用プラグインソフトの概要

別紙(PDF)

ページトップへ戻る