総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > 「異システム間の周波数共用技術の高度化事業」に係るプログラムディレクターの決定

報道資料

平成31年3月8日

「異システム間の周波数共用技術の高度化事業」に係るプログラムディレクターの決定

 総務省では、平成31年度から実施する「異システム間の周波数共用技術の高度化事業」を円滑に推進するため、本事業全体を統括するプログラムディレクターを決定いたしました。

1 概要

 総務省では、第5世代移動通信システム(5G)等の新たな電波利用ニーズに対応するため、周波数の効率的な利用や共同利用を一層推進することを目的として、平成31年度から「異システム間の周波数共用技術の高度化事業」を実施する予定です。
 本事業全体を統括し、専門的見地から最適な助言等を行うプログラムディレクターの募集を行い、厳正な審査を経て以下とおり決定しましたのでお知らせします。
 
【プログラムディレクター】

 山尾( やまお) (やすし)(電気通信大学 先端ワイヤレス・コミュニケーション研究センター長 教授)

 

関係報道資料:

〇 「異システム間の周波数共用技術の高度化事業」に係るプログラムディレクターの募集(平成31年1月24日)
 (http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban09_02000282.html
連絡先
総合通信基盤局電波部電波政策課
 担当:宮澤周波数調整官、宇野共用係長
 電話:(直通)03-5253-5874
 FAX:03-5253-5940
 E-mail:freq-share_atmark_ml.soumu.go.jp
 (※スパムメール対策のため、「@」を「_atmark_」と表示しています。送信の際には、「@」に変更してください。)

ページトップへ戻る