総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > 電波法施行規則等の一部を改正する省令案等に係る電波監理審議会からの答申

報道資料

平成24年10月10日

電波法施行規則等の一部を改正する省令案等に係る電波監理審議会からの答申

−移動通信システム関係規定の整備−
 総務省は、周波数再編アクションプランに基づき、ワイヤレスブロードバンド環境の実現に向けた周波数の確保等のための取組を行っているところです。
 この一環として、本日、移動通信システムに関する関係規定の整備のため、電波法施行規則等の一部を改正する省令案及び周波数割当計画の一部を変更する告示案について、電波監理審議会(会長:前田忠昭 東京瓦斯株式会社顧問)に諮問し、原案のとおりとすることが適当である旨の答申を受けました。

1 改正案の概要

(1) 1.7GHz帯携帯無線通信システムの周波数の確保
 1.7GHz帯を使用する他システムとの干渉検討の結果、5MHz幅×2の周波数(1744.9〜1749.9MHz/1839.9〜1844.9MHz)を新たに携帯無線通信に確保できることとなったことから、今後の免許手続に関する制度整備に先行して周波数の拡大に関する技術基準等の規定の整備をします。
(2) 広帯域移動無線アクセスシステム(BWA)の高度化等
 広帯域移動無線アクセスシステム(BWA)の更なる高度化及び周波数の拡大(2625〜2655MHz)について、平成24年4月25日に情報通信審議会から一部答申を受けたこと等を踏まえ、BWAの高度化に関係する規定の整備をするとともに、今後の免許手続に関する制度整備に先行して周波数の拡大に関する技術基準等の規定の整備をします。
(3) 79GHz帯高分解能レーダーの制度整備
 既存の車載レーダーより分解能の高い79GHz帯高分解能レーダーの技術的条件について、平成24年4月25日に情報通信審議会から一部答申を受けたことから、関係する規定の整備をします。
(4) その他所要の規定の整備

2 今後の予定

 電波監理審議会の答申を踏まえ、速やかに制度整備を行う予定です。
【関係報道資料】
 ・無線設備規則の一部を改正する省令案等に係る意見募集の結果(平成24年9月28日)
 http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban14_02000111.html
 ・無線設備規則の一部を改正する省令案等に係る意見募集 (平成24年8月22日)
 http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban14_02000109.html
連絡先

【周波数割当計画の変更案以外】
 連絡先:総合通信基盤局電波部移動通信課
 担当:中越課長補佐、西森第二技術係長、難波官
 住所:〒100-8926
           東京都千代田区霞が関2-1-2
           中央合同庁舎2号館
 電話:(直通)03-5253-5893
     (代表)03-5253-5111 内線 5893
 FAX:03-5253-5946
 E-mail:enhanced-mobile_atmark_ml.soumu.go.jp
 ※スパムメール対策のため、「@」を「_atmark_」と表示しております。
 送信の際には、「@」に変更してください。

【周波数割当計画の変更案】
 連絡先:総合通信基盤局電波部電波政策課
 担当:浅井周波数調整官、渡辺第二計画係長
 住所:〒100-8926
           東京都千代田区霞が関2-1-2
           中央合同庁舎2号館
 電話:(直通)03-5253-5875
           (代表)03-5253-5111 内線 5875
 FAX:03-5253-5940
 E-mail:frequency-plan_atmark_ml.soumu.go.jp
 ※スパムメール対策のため、「@」を「_atmark_」と表示しております。
 送信の際には、「@」に変更してください。

ページトップへ戻る