総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > 「国際無線障害特別委員会(CISPR)の諸規格について」のうち 「無線周波妨害波及びイミュニティ測定装置の技術的条件 第4部第2編: 不確かさ、統計及び許容値のモデル−測定装置の不確かさ−」

報道資料

令和元年10月8日

「国際無線障害特別委員会(CISPR)の諸規格について」のうち
「無線周波妨害波及びイミュニティ測定装置の技術的条件 第4部第2編:
不確かさ、統計及び許容値のモデル−測定装置の不確かさ−」

− 情報通信審議会からの一部答申 −
 総務省は、本日、情報通信審議会(会長:内山田 竹志 トヨタ自動車株式会社取締役会長)から、昭和63年9月26日付け諮問第3号「国際無線障害特別委員会(CISPR)の諸規格について」のうち「無線周波妨害波及びイミュニティ測定装置の技術的条件 第4部第2編:不確かさ、統計及び許容値のモデル−測定装置の不確かさ−」に関する一部答申を受けました。

1 背景

 家電等の様々な電子機器から発生する漏えい電波の測定時に生じる測定結果のばらつきを合理的な根拠をもって保証するため、その評価のための技術的条件について検討が進められ、本日、情報通信審議会から「国際無線障害特別委員会(CISPR)の諸規格について」のうち「無線周波妨害波及びイミュニティ測定装置の技術的条件 第4部第2編:不確かさ、統計及び許容値のモデル−測定装置の不確かさ−」について一部答申を受けました。

2 概要

 「国際無線障害特別委員会(CISPR)の諸規格について」のうち「無線周波妨害波及びイミュニティ測定装置の技術的条件 第4部第2編:不確かさ、統計及び許容値のモデル−測定装置の不確かさ−」に関する一部答申は、別紙PDFのとおりです。

3 資料の入手方法

 総務省総合通信基盤局電波部電波環境課(総務省10階)において閲覧に供するとともに配布します。

【関係報道資料】

○    電波利用環境委員会報告(案)に対する意見募集− 「国際無線障害特別委員会(CISPR)の諸規格について」のうち「無線周波妨害波及びイミュニティ測定装置の技術的条件 第4部第2編:不確かさ、統計及び許容値のモデル−測定装置の不確かさ−」 −
(令和元年8月2日(金))
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban16_02000219.html

○    電波利用環境委員会報告(案)に対する意見募集の結果− 「国際無線障害特別委員会(CISPR)の諸規格について」のうち「無線周波妨害波及びイミュニティ測定装置の技術的条件 第4部第2編:不確かさ、統計及び許容値のモデル−測定装置の不確かさ−」 −
(令和元年10月7日(月))
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban16_02000219r.html

 
連絡先
総合通信基盤局 電波部 電波環境課 電磁障害係
住所 :〒100−8926 東京都千代田区霞が関2-1-2
電話 :03-5253-5905
FAX  :03-5253-5914
E-mail:densyokakari/at/soumu.go.jp
※スパムメール対策のため、「@」を「/at/」と表示しておりますので、送信の際は「@」に変更してください。

ページトップへ戻る