総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > 「テレワーク先駆者百選」及び「HAPPYテレワーク賞」の公表

報道資料

平成28年4月1日

「テレワーク先駆者百選」及び「HAPPYテレワーク賞」の公表

 総務省は、テレワークの導入・活用を進めている企業・団体等の募集を平成27年11月13日(金)から1月15日(金)まで行いました。また、テレワークを実施することによりワーク・ライフ・バランス向上に貢献する等の効果があったテレワーク経験者のエピソードや広く一般の皆様からの斬新なテレワーク利用アイデアの募集を平成27年11月13日(金)〜1月8日(金)まで行いました。  
 これらについて審査を実施し、下記のとおり、「テレワーク先駆者」及び「テレワーク先駆者百選」、「HAPPYテレワーク賞」として公表いたします。

〇「テレワーク先駆者百選」及び「HAPPYテレワーク賞」の公表

1 概要
  総務省ではテレワークの普及促進を目的として、テレワークの導入・活用を進めている企業・団体等を募集し「テレワーク先駆者」及び「テレワーク先駆者百選」として公表します。

2 審査結果
  別紙1の審査の結果のとおり、62団体を「テレワーク先駆者」とし、その中で特にテレワークの頻度や対象規模、実施率等について、積極的に取り組んでいる36団体を「テレワーク先駆者百選」とし、公表します。なお、「テレワーク先駆者百選」団体に対しては、総務省が別途作成するロゴマークの使用を可能とします。(以下、「テレワーク先駆者百選」ロゴマークイメージ)

〇「HAPPYテレワーク賞」の公表

1 概要
 今後の更なるテレワークの普及促進を目的として、テレワークを実施することによりワーク・ライフ・バランス向上に貢献する等の効果があったテレワーク経験者のエピソードや広く一般の皆様からの斬新なテレワーク利用のアイデアを募集し、表彰を行います。

2 審査結果
(1) アイデア部門:2件
横山 優美子 (よこやま ゆみこ)  北海道   (オフィスに通わなくても)老後でテレワーク
田中 咲希子   (たなか さきこ)     神奈川県  病院内のテレワークスペース

(2) エピソード部門:3件
上田 玲奈 (うえだ れいな)   大阪府  重度身体障がい者でも責任のある仕事が出来る喜び
小川 嘉代子(おがわ かよこ)   茨城県  「4人の子育てと仕事の両立は無理っ」のピンチを救った夫婦の テレワーク・リレー
寺田 郷子(てらだ きょうこ)     北海道  ワークライフバランス〜仕事も家族も自然もご近所づきあいも   

※優秀賞作品の概要は別紙2のとおりです。

〇審査会

審査結果は、『「テレワーク先駆者百選」及び「HAPPYテレワーク賞」応募案件の審査に関する会合』を実施し、決定しました。
構成員は別紙3のとおりです。

関連報道資料

「テレワーク先駆者百選」及び「HAPPYテレワーク賞」の実施
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/02ryutsu02_03000225.html

別紙

連絡先
総務省 情報流通行政局 情報流通振興課 情報流通高度化推進室
  担当:橋本補佐、松本係長、池田官
  電話:03−5253−5751(直通)
    FAX:03−5253−5752

ページトップへ戻る