総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > 総務省「スマートスクール・プラットフォーム実証事業(「スマートスクール・プラットフォーム」の標準化に向けた実証)」及び文部科学省「次世代学校支援モデル構築事業」に係る提案公募開始

報道資料

平成29年7月4日
総務省
文部科学省

総務省「スマートスクール・プラットフォーム実証事業(「スマートスクール・プラットフォーム」の標準化に向けた実証)」及び文部科学省「次世代学校支援モデル構築事業」に係る提案公募開始

 総務省及び文部科学省は、「スマートスクール・プラットフォーム実証事業(「スマートスクール・プラットフォーム」の標準化に向けた実証)」及び「次世代学校支援モデル構築事業」を連携して実施しますので、両事業に係る取り組みの提案を公募します。

1.事業の概要

 総務省及び文部科学省が実施する下記2事業を一体的に行う実証地域を公募します。

(1)総務省「スマートスクール・プラットフォーム実証事業」
  (「スマートスクール・プラットフォーム」の標準化に向けた実証)
 児童生徒や教職員が教室、家庭等で授業や自己学習に利用する「授業・学習系システム」と教職員が職員室等で出欠管理や成績評価等に利用する「校務系システム」との間の安全かつ効率的な情報連携と、当該連携により生成されるデータの効果的活用を実現するシステム(スマートスクール・プラットフォーム)についての実証を行うもの。

(2)文部科学省「次世代学校支援モデル構築事業」
 校務の情報と児童生徒の学習記録データ(学習履歴や学習成果物等の授業・学習の記録)等を有効につなげ、可視化することを通じ、教員による学習指導や生徒指導等の質の向上や学級・学校運営の改善を資することを目的とした実証を行うもの。
 

2.提案書の提出

(1)提出期限  平成29年8月4日(金)(14時必着)まで

(2)提案書様式、提出方法等
  総務省及び文部科学省のHP上で公開している「提案公募要領」等を参照して下さい。

 ・総務省「スマートスクール・プラットフォーム実証事業」
  http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/kyouiku_joho-ka/smart.html

 ・文部科学省「次世代学校支援モデル構築事業」
  http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/zyouhou/detail/1387543.htm
 
連絡先
・「スマートスクール・プラットフォーム実証事業」に関すること
 総務省 情報流通行政局 情報通信利用促進課
 (担当:坂本課長補佐、石川係長、小林調査員)
 電話:03−5253−5685(直通)

・「次世代学校支援モデル構築事業」に関すること
 文部科学省 生涯学習政策局 情報教育課
 (担当:松本課長補佐、窪田係長、坂本専門職)
 電話:03−6734−3263(直通)

ページトップへ戻る