総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > Lアラートの普及状況

報道資料

平成27年4月3日

Lアラートの普及状況

 総務省では、災害時における迅速かつ効率的な情報伝達のため、Lアラートの一層の普及・発展に取り組んでおります。
 平成26年8月にLアラートの「普及加速化パッケージ」を公表したところですが、今般、その進捗状況をとりまとめましたので公表します。

1 概要

 総務省は、平成26年3月から「災害時等の情報伝達の共通基盤の在り方に関する研究会」(座長:山下徹 (株)NTTデータ相談役)を開催し、災害情報を多様なメディアに一斉同報する共通基盤である「Lアラート」の一層の発展に向けて、全国普及に向けた課題や推進すべき対応策等について検討を重ね、同年8月に「普及加速化パッケージ」を盛り込んだ報告書をとりまとめたところです。
 
 今般、「普及加速化パッケージ」の進捗状況をとりまとめましたので公表します。(詳細は別添PDFを参照ください。)
具体的には、以下の進捗があったところです。
 ・ 全都道府県においてLアラートの運用が開始、もしくは運用に向けた準備が進められました。
 ・ シンポジウムの開催やPRコンテンツの作成など広報戦略を強化しました。
 ・ ライフライン情報の拡大に向けて、通信分野の情報提供が始まります。
 ・ Lアラートへの情報入力の簡易化に向けた取組を促進しました。
 ・ スマートテレビなどメディアとの連携を推進しました。
 ・ 地域連絡会を開催し、地域における関係者の連携を強化しました。
 ・ 国連防災世界会議において紹介を行うなど、海外展開を推進しました。
 
 総務省では、今後とも「普及加速化パッケージ」を踏まえ、Lアラートの一層の普及・発展に取り組んでまいります。

2 参考資料

・「災害情報共有システム(Lアラート)」の普及促進(Lアラートの概要等)
 http://www.soumu.go.jp/menu_seisaku/ictseisaku/ictriyou/02ryutsu06_03000032.html
・「災害時等の情報伝達の共通基盤の在り方に関する研究会」報告書の公表及び「公共情報コモンズ」の新たな名称の決定(平成26年8月1日報道発表)
 http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu06_02000065.html
   
 
連絡先
総務省 情報流通行政局 地域通信振興課
(担当:平松課長補佐、岩見係長)
電話:03−5253−5756(直通)
FAX:03−5253−5759

ページトップへ戻る