総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > 平成30年度予算「情報通信技術利活用事業費補助金(地域IoT実装推進事業)」(追加公募(第2次))に係る採択候補の決定及び追加公募(第3次)の実施

報道資料

平成30年9月28日

平成30年度予算「情報通信技術利活用事業費補助金(地域IoT実装推進事業)」(追加公募(第2次))に係る採択候補の決定及び追加公募(第3次)の実施

 総務省では、平成30年度予算「情報通信技術利活用事業費補助金(地域IoT実装推進事業)」の追加公募(第2次公募)に対する提案の中から、外部有識者の評価を踏まえて採択候補を決定するとともに、同事業の追加公募(第3次公募)を本日から10月19日まで実施することとしましたので、お知らせします。

1 事業の概要

 総務省では、IoT等の利活用による成果を日本全国の地域の隅々まで波及させるため、「地域IoT実装推進タスクフォース」を平成28年9月より開催し、地域課題の解決につながる「生活に身近な分野」を中心として、地域におけるIoTの実装に取り組む具体的道筋を提示するための「地域IoT実装推進ロードマップ」を策定いたしました。
 本事業では、これまでの実証等の取組を通じて創出された「分野別モデル」の普及展開を図るため、以下の要件に該当する地域での先導的な取組の提案について、平成30年7月13日から8月10日まで公募いたしました(第2次公募)。
 
<要件>
 地域IoT実装推進タスクフォースにおいて策定されたロードマップのうち、以下に該当する「分野別モデル」の横展開事業であること。
  (公募を実施する分野別モデル)
   ・プログラミング教育
   ・医療情報連携ネットワーク(EHR)
   ・子育て支援プラットフォーム
   ・G空間防災システム
   ・スマート農業・林業・漁業
   ・地域ビジネス活性化モデル
   ・観光クラウド
   ・オープンデータ利活用
   ・ビッグデータ利活用
   ・シェアリングエコノミー

2 決定の内容

 公募の結果、計7件の申請がありました。このうち、別紙1PDFの外部評価委員による評価結果を踏まえ、以下の3件を採択候補として決定しました。各事業の概要は別紙2PDFのとおりです。
 
NO 申請主体 事業名
1 山口県宇部市 農業センサーを活用した戦略的作物の生産性向上
2 鹿児島県瀬戸内町 奄美大島の魅力を地元の小学生が発信するプログラミング教育
3 沖縄県大宜味村 鶏舎へのクラウドIoT システムの実装
 

3 事業提案の追加公募(第3次公募)

 事業の概要及び公募する事業については今年4月25日及び7月13日に実施した公募と同一です。
 
・4月25日報道発表 平成30年度予算「情報通信技術利活用事業費補助金(地域実IoT装推進事業)」に係る提案の公募 
 http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu06_02000163.html
・7月13日報道発表 平成30年度予算「情報通信技術利活用事業費補助金(地域IoT実装推進事業)」に係る採択候補の決定及び追加公募の実施
 http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu06_02000177.html
 
※ 公募する事業は、地域IoT実装推進ロードマップの各分野別モデルにおける成功モデルの横展開事業であることが、必須です。下記「(3)公募に関する書類」中の「別紙3 地域IoT実装推進ロードマップ分野別モデルの概要」に記載されているモデル以外を成功モデルとする場合には、当該モデルについての具体的な説明(「成功」に関する数値的データ又ICT地域活性化大賞の受賞歴等を必ず含めてください。)を示してください。また、公募する事業が、新たな実証ではなく、成功モデルを当該事業に導入するものであることも具体的に示してください。

(1)提案書の提出方法
 イ 提出期限
  平成30年10月19日(金)午後5時(必着)
 ロ 提出方法
  実施要領及び提案書様式に従って提案書を作成し、所管の総合通信局等にメール(郵送又は持参の場合は同日付け必着)で提出するとともに、電話でメールを提出した旨、一報してください。
 ※今回からは、応募する法人等の所在地の所管の総合通信局等ではなく、事業の実施地域(実施地域が複数ある場合は、主な実施地域)を所管する総合通信局等に提出してください。詳細は、下記「(3)公募に関する書類」中の「別紙1 平成30年度予算 地域IoT実装推進事業 実施要領」の「別添2 提案書の提出先一覧(総合通信局及び事務所)」をご覧ください。
 
(2)今後のスケジュール
 ・平成30年11月上旬頃 外部有識者による評価
 ・平成30年11月下旬頃 採択事業者の公表、交付申請手続
 ・平成30年12月中旬頃 交付決定
 ・平成31年1月頃 中間成果報告会の開催
 ・平成31年3月 実績報告書の提出、額の確定
 ※以上のようなスケジュールを想定していますが、採択候補先の選定の状況等により前後することがあります。
 
(3)公募に関する書類
 ・別紙1 平成30年度予算 地域IoT実装推進事業 実施要領PDF
 ・別紙2 平成30年度予算 地域IoT実装推進事業 提案書様式
  ・様式1〜4及び7 企画提案書等WORD
  ・様式5 資金計画書EXCEL
  ・様式6 提案書の概要
 ・別紙3 地域IoT実装推進ロードマップ分野別モデルの概要PDF
 ・別添 情報通信技術利活用事業費補助金(一般会計)交付要綱PDF

4 資料の入手方法

 別紙及び別添については、総務省ホームページ(http://www.soumu.go.jp)の「報道資料」欄に、本日(28日(金))14時をメドに掲載するほか、総務省情報流通行政局地域通信振興課(総務省11階)において閲覧に供するとともに配布します。

5 関係資料

・地域IoT実装推進タスクフォース
 http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/kenkyu/chiiki_iot/index.html
・地域IoT実装推進ロードマップ(改定)
 http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu06_02000164.html
連絡先
 総務省 情報流通行政局 地域通信振興課
  担当:平岩課長補佐、須田係長、真鍋官
  電話:03−5253−5758(直通)
  FAX:03−5253−5759
  E-mail: ict-model-project_atmark_ml.soumu.go.jp
  ※迷惑メール対策のため、「@」を「_atmark_」と表示しております。送信の際には、「@」に変更してください。
 

ページトップへ戻る