総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > 「スマートテレビ時代における字幕等の在り方に関する検討会」取りまとめの公表

報道資料

平成26年7月3日

「スマートテレビ時代における字幕等の在り方に関する検討会」取りまとめの公表

 総務省は、平成26年1月より「スマートテレビ時代における字幕等の在り方に関する検討会」(座長:多賀谷一照 獨協大学法学部教授)を開催し、近年の環境変化や社会的要請を踏まえた「字幕」の在り方について検討を行ってきました。
 今般、本検討会において検討結果がとりまとめられましたので公表いたします。

1 経緯

 総務省では、平成26年1月より同年6月まで「スマートテレビ時代における字幕等の在り方に関する検討会」を開催し、テレビジョン放送のデジタル化による字幕放送の増加、我が国社会のグローバル化、放送サービスの高度化(スマートテレビ)、CMを含む放送番組に対するユニバーサルアクセスの確保といった近年の環境変化や社会的要請を踏まえた「字幕」の在り方について検討を行ってきました(本検討会の構成員は別紙1PDFのとおりです。)。
 今般、本検討会の検討結果が取りまとめられましたので公表いたします。

2 取りまとめの内容

  ○「スマートテレビ時代における字幕等の在り方に関する検討会」取りまとめ(概要)(別紙2PDF
  ○「スマートテレビ時代における字幕等の在り方に関する検討会」取りまとめ(別紙3PDF

<関係報道資料>

 ・「スマートテレビ時代における字幕等の在り方に関する検討会」の開催(平成26年1月20日) 
  URL:http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu09_02000080.html
連絡先
情報流通行政局地上放送課
担当:西潟課長補佐、辻官
電話:03−5253−5791
FAX:03−5253−5794

ページトップへ戻る