総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > 第10回日ASEAN情報通信大臣級会合等の結果

報道資料

平成27年11月30日

第10回日ASEAN情報通信大臣級会合等の結果

平成27年11月27日、日本とASEAN加盟10か国による第10回日ASEAN情報通信大臣級会合がベトナム(ダナン)において開催されました。日本からは阪本総務審議官が出席し、ASEANに対する日本の協力ビジョン及びサイバーセキュリティ分野での協力強化についての提案を行い、ICT分野における日ASEANの連携強化に向けた意見交換を行いました。
1 第10回日ASEAN情報通信大臣級会合の概要
(1) 日時:平成27年11月27日(金)10:15〜11:30(現地時間)
(2) 場所:ベトナム(ダナン)
(3) ASEAN側出席者(別紙PDF参照) 

2 会合の結果概要
(1)阪本総務審議官及びベトナム(主催国)情報通信省のソン大臣が共同議長を務め、この1年の双方の協力施策を評価するとともに、2020年に向けた「ASEAN ICT マスタープラン2020」(※)の策定を受けた、ASEANに対する日本の協力ビジョンである「ASEAN Smart ICT Connectivity (ASIC)」を新たに発表しました。
(2)また、ASEANとのサイバーセキュリティ分野での人材育成協力の強化を目指すプロジェクト「日ASEANサイバーセキュリティ協力ハブ」を提案しました。ASEANは、本提案を歓迎し、その実施に向けた詳細について日ASEAN間で議論を進めていくことで合意しました。
(3)更に、今後1年間の日ASEAN間の協力や連携施策についてとりまとめました。
(4)総務省としては、今回、ASEANと合意された内容に沿って、引き続きASEANとの連携強化に取り組んでいきます。
(※)本年末のASEAN共同体の設立を受けて、地域統合と連結性の促進に対するICTの役割の重要性を踏まえ、今後5年間のASEANのICT戦略である、「ASEAN ICT マスタープラン 2020 (AIM2020)」をASEANが今回新たに策定したもの。

3 二国間会談等の開催    
 本会合に合わせ、阪本総務審議官は、ホスト国であるベトナムのフン情報通信副大臣と会談したほか、カンボジア、インドネシア、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、タイ、また、ASEANの対話国として本会合に参加した米国の情報通信大臣等と会談し、ICT分野における二国間連携施策等について意見交換を行いました。

【関係報道資料】 第9回日ASEAN情報通信大臣級会合等の結果(平成27年1月26日)
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01tsushin09_02000033.html
連絡先
情報通信国際戦略局国際協力課
担当:金子補佐、井上係長、永田官
電話:03-5253-5934 FAX :03-5253-5937

ページトップへ戻る