総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > ビル陰やアパート等のデジタル化加速に向けた 「共聴施設デジタル化加速プログラム」の公表

報道資料

平成22年3月11日

ビル陰やアパート等のデジタル化加速に向けた
「共聴施設デジタル化加速プログラム」の公表

総務省では、2011年7月のデジタル放送完全移行に向けて、特に対応が遅れている受信障害対策共聴施設及び集合住宅共聴施設のデジタル化について、関係者の間で危機意識を共有し、戦略的に政策を総動員して目標達成を図るために「共聴施設デジタル化加速プログラム」を策定しましたので、公表します。

 

「共聴施設デジタル化加速プログラム」の概要

「共聴施設デジタル化推進会議」での議論を踏まえ、総務省として以下の施策を推進。

(1) 受信障害対策共聴施設への対策として、デジタル化対応の成功事例を共有するとともに、受信調査や法律家相談などの既存施策に加え、「周知活動の支援」「簡易アンテナ貸出」「助成金拡充」「総合コンサルティング」を追加することにより、デジタル化促進の加速を図る。

 

(2) 集合住宅共聴施設への対策として、助成金交付、地デジカ・ステッカーの交付、不動産情報サイトとの連携などの既存施策に加え、「デジタル化訪問確認」を追加することにより、デジタル化促進の加速を図る。

 

(3) 共聴施設のデジタル化加速化体制を構築するため、市区町村別ロードマップ、地域スクラムなどの既存施策に加え、「不動産業界との連絡会の開催」「ケーブルテレビ事業者との連携強化」を追加することにより、デジタル化促進の体制を強化する。

 

詳細については、別紙を御覧ください。

 

<関連報道発表>

・「共聴施設デジタル化推進会議」(スクラム2011)の開催(平成2176日発表)

  http://www.soumu.go.jp/main_content/000029874.pdf

 ・ビル陰やマンション等の共聴施設における地上デジタル放送の受信環境整備の加速化に向けて〜「共聴施設デジタル化緊急対策」の公表〜(平成21915日発表)

  http://www.soumu.go.jp/main_content/000038377.pdf

 ・ビル陰やマンション等の地デジ化加速に向けて

「共聴施設デジタル化緊急対策(第2次)」 の公表(平成21122日発表)

  http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/02ryutsu09_000052.html

連絡先

情報流通行政局地上放送課

デジタル放送受信者支援室

担 当:佐々木室長補佐、加藤主査、柴田主査

電 話:(代表)03-5253-5111(内線5807

          (直通)03-5253-5807

FAX:03-5253-5794

ページトップへ戻る