総務省トップ > 総務省の紹介 > 連絡先・所在地 > 中央合同庁舎第2号館の入退館方法について

中央合同庁舎第2号館の入退館方法について

 中央合同庁舎第2号館では、庁舎内のセキュリティ強化のため、各玄関にセキュリティゲートを設置しています。

 当館へ入館される場合は、各玄関の受付で「一時通行証」の発行手続が必要となります。

スムーズな入館手続のためのお願い

 スムーズな入館のために、訪問先の担当職員に対し、「中央合同庁舎第2号館受付管理システムへの事前登録」を御依頼いただくとともに、本人確認に必要な身分証明書等を御持参いただきますようお願いします。

 なお、訪問先担当職員による「中央合同庁舎第2号館受付管理システムへの事前登録」がされていない方については、各玄関の受付において「入館者受付票」を記入いただいた上で、身分証明書等による本人確認のほか、訪問先及び用務内容等の確認をさせていただきます(必要に応じて、受付の警備員から訪問先へ用務等の確認をする場合があります。)。

  • ※ 「入館者受付票」は、各玄関の受付に御用意しています。また、本ホームページに掲載の様式を印刷していただき、必要事項を記入の上、入館当日に御持参いただいても差し支えありません。
    入館者受付票(PDF形式:136KB)

注意事項

  • 警察庁へ御用の方は、「中央合同庁舎第2号館受付管理システムへの事前登録」や「入館者受付票」への記入だけでは警察庁フロアには入れません。当館のセキュリティゲートを通過後、2階警察庁受付で手続を行ってください。
  • 国土交通省の3号館に所在する部局等へ御用の方は、3号館の入館受付窓口へお回りください。

開門時間

  • 正面玄関(桜田通り(裁判所)側) 平日7時〜19時
  • 南口玄関(外務省側) 平日7時〜19時
  • 北口玄関(警視庁側) 24時間
  • 地下鉄口玄関(地下鉄霞ヶ関駅直結) 平日5時〜25時※
    • 8時30分〜9時45分までは、混雑緩和のため、一般来館者の受付は行いません。当該時間帯は、他の玄関(正面、南又は北)へお回りいただき、入館手続をしていただきますようお願いします。
    • 8時30分〜10時までは、混雑緩和のため、地下鉄口玄関から退館することはできません。当該時間帯は、他の玄関(正面、南又は北)へお回りいただき、退館いただきますようお願いします。

総務省 合同庁舎第2号館付近の地図

入退館の流れ

1 入館の流れ

 中央合同庁舎第2号館へ入館される場合は、「中央合同庁舎第2号館受付管理システムへの事前登録」がお済みの場合と、それ以外の場合で入館までの流れが異なります。

入館の流れを説明します。訪問先の担当職員が事前登録している場合とそれ以外の場合で入館の流れが異なります。
 まず、訪問先の担当職員に受付管理システムへの事前登録をしていただいている場合は、受付の警備員に「お名前」と「会社名等をお申しつけください。訪問先の担当者から「申請番号」を連絡いただいている場合は、「申請番号」をお申し付けください。受付で事前登録されている内容を確認の上、必要に応じて身分証等による身分確認をさせていただきます。確認が取れましたら、受付の警備員から「一時通行証」をお渡ししますので、首から提げていただき、セキュリティゲートへ一時通行証をかざして入館してください。
 次に、事前登録をされていない場合は、受付の近くにある記帳台で「入館者受付票」に訪問先、用務内容、入館者の氏名、同伴者がいらっしゃる場合は同伴者の氏名、記入者の連絡先を記入して受付へ提出してください。「入館者受付票」は、総務省ホームページにも掲載していますので、事前に印刷し、必要事項を記入いただいたものを受付に持参いただいても差し支えありません。受付にて訪問先、用務内容及び御提示いただいた身分証明書等により身分等を確認させていただきます。訪問先や用務内容によっては、受付の警備員から訪問先の担当者へ用務等の確認をさせていただく場合があります。受付の警備員から「一時通行証」をお渡ししますので、首から提げていただき、セキュリティゲートへ一時通行証をかざして入館してください。

2 退館の流れ

 中央合同庁舎第2号館から退館される場合は、セキュリティゲートを通過後、お近くの「回収かご」に「一時通行証」を返却してください。

照会先:総務省大臣官房会計課庁舎管理室警備係
電話:03-5253-5147(直通)

ページトップへ戻る