総務省トップ > 総務省の紹介 > 大臣・副大臣・政務官 > 総務大臣・女性活躍担当 内閣府特命担当大臣(マイナンバー制度)

総務大臣・女性活躍担当
内閣府特命担当大臣(マイナンバー制度)


野田 聖子(のだ せいこ)
生年月日:昭和35年9月3日
福岡県出身

経歴

昭和58年 3月
上智大学外国語学部卒業
昭和58年 4月
株式会社帝国ホテル入社
昭和61年10月
株式会社帝国ホテル退社
昭和62年 4月
岐阜県議会議員(1期2年)
平成 5年 7月
衆議院議員初当選(第40回総選挙)
平成 8年10月
衆議院議員当選(第41回総選挙)
平成 8年11月
郵政政務次官(第2次橋本内閣)
平成10年 7月
郵政大臣(小渕内閣・小渕内閣第1次改造内閣)
平成12年 6月
衆議院議員当選(第42回総選挙)
平成15年11月
衆議院議員当選(第43回総選挙)
平成17年 9月
衆議院議員当選(第44回総選挙)
平成19年10月
自由民主党広報本部広報局長
自由民主党政務調査会障害者特別委員会委員長
平成19年11月
自由民主党政務調査会消費者問題調査会会長
平成20年 8月
内閣府特命担当大臣(科学技術政策,食品安全)、消費者行政推進担当、宇宙開発担当(福田内閣改造内閣・麻生内閣)
平成21年 8月
衆議院議員当選(第45回総選挙)
平成23年10月
自由民主党政務調査会消費者問題調査会会長
平成24年12月
自由民主党総務会長
平成24年12月
衆議院議員当選(第46回総選挙)
平成26年12月
衆議院議員当選(第47回総選挙)
平成28年 1月
衆議院災害対策特別委員長
平成29年 8月
総務大臣、女性活躍担当、内閣府特命担当大臣(マイナンバー制度)(第3次安倍第3次改造内閣)

ページトップへ戻る