総務省トップ > くらしの中に総務省 > 総務省のシンボルマークを制定

総務省のシンボルマークを制定

 総務省では、総務省のシンボルマークを制定し、平成17年4月1日から使用しています。

目的

 総務省の理念を省内外にアピールするとともに、総務省職員の一体感を醸成していくため、総務省のシンボルマークを制定しました。

シンボルマークデザイン

 別紙PDFのとおり

シンボルマークについて

コンセプト

 常にアクティブな行動力を持ち、時代をリードしつつ、国民に身近なところで快適な生活を支えるためのグローバルで幅広い活動をしている総務省の姿をイメージしました。日本の国土を示す四角い枠から勢いよく飛び出していく球体は、総務省の姿を表し、国民の目につきにくい社会基盤も支えつつ、国と地方、国と国民、国民と生活、国民と海外といった要素を情報ネットワーク化によって密接に結びつけ、これまでの活動領域にとどまらない創造性豊かな活動を表しています。

シンボルカラー=ヴィヴィッド・オレンジ

 温かみのある鮮やかな色調は、快活、明快、光明、安全、平和などの意味合いを連想させ、国民の快適な生活を支える省庁にふさわしい色として選定しました。

使用について

 総務省シンボルマークは組織の象徴であり、公的な信頼性を確保する必要があること、特定の個人・団体を支援・公認しているような誤解を与えないこと等を考慮し、以下の通り、シンボルマークの使用に関する利用規約を設けています。
 ○総務省及び総務省職員以外の第三者は、原則として総務省シンボルマークを使用することができません。ただし、以下の場合は使用することができます。

  1. 総務省から依頼を受けてシンボルマーク入りの物品等を製作する場合。
  2. 総務省の広報活動に資することを主たる目的として使用する場合であって、大臣官房政策評価課広報課広報室が使用を認めた場合。
  3. 総務省の委嘱を受けて実施する事業等において製作する資料や物品に、総務省の委嘱を受けていることを、シンボルマークを用いて表示する場合。
  4. 総務省が共催または参加する行事や、後援、協賛、協力等を行う事業・行事等において製作する資料や物品に、総務省が前記の協力等を行うことを、シンボルマークを用いて表示する場合。

 上記のいずれかに該当し、総務省シンボルマークの使用を希望する場合は、当該事業等の担当部署又は大臣官房政策評価課広報課広報室まで、ご相談ください。
 なお、総務省ホームページへリンクする場合は、下記の「総務省ホームページへのリンク用のバナーについて」をご覧ください。

総務省ホームページへのリンク用バナーについて

 総務省ホームページはリンクフリーとなっており、リンクのご連絡も不要です。
 総務省ホームページへリンクする場合は、下のバナー画像をご利用ください。
 ただし、この画像を総務省ホームページへのリンク以外の用途に使用することできません。

画像 リンク先
総務省ホームページバナー画像 http://www.soumu.go.jp/
(連絡先)
大臣官房政策評価広報課広報室
電話:03(5253)5111

ページトップへ戻る