総務省トップ > 総務省の紹介 > 大臣・副大臣・政務官 > 大臣・副大臣・大臣政務官の動き > アジア・太平洋電気通信共同体無線グループ第18回会合等( 平成27年3月9日)

大臣・副大臣・大臣政務官の動き

アジア・太平洋電気通信共同体無線グループ第18回会合等( 平成27年3月9日)

西銘総務副大臣は、平成27年3月9日に、京都国際会館(京都府京都市)において開催された、アジア・太平洋電気通信共同体(*1)無線グループ(*2)第18回会合(AWG-18)に出席しました。
AWG会合は、アジア・太平洋地域における無線通信システムの高度化及び普及・促進を目的として開催されるアジア・太平洋地域の国際会合です。今回、我が国の無線通信システムに関する取組をアジア・太平洋地域内の関係者に広く紹介し、無線通信分野における我が国の国際的な地位の一層の向上及び国際協調の促進を目的として、AWG-18会合を我が国に招致したものです。
本会合では、ホスト国代表として挨拶を行いました。
また、AWG-18会合に合わせ、アリーワンAPT事務局長、ランシー国際電気通信連合(*3)無線通信局長とそれぞれ会談を行い、ICT分野における国際標準化活動の推進等について、今後のより一層の連携・協力に向けた意見交換を行いました。
更に、情報通信研究機構(NICT)ユニバーサルコミュニケーション研究所で情報分析技術の研究開発、超臨場映像技術等を、国際電気通信基礎技術研究所(ATR)で脳情報通信技術、知能ロボティクス等の視察を行いました。

*1: アジア・太平洋電気通信共同体(APT:Asia Pacific Telecommunity)
*2: APT無線グループ(AWG:APT Wireless Group)
*3:国際電気通信連合(ITU: International Telecommunication Union)


 
ホスト国代表として挨拶をする西銘総務副大臣



 
アリーワンAPT事務局長と会談する西銘総務副大臣



 
情報通信研究機構(NICT)のテーブル型裸眼立体ディスプレイを視察する西銘総務副大臣

ページトップへ戻る