総務省トップ > 総務省の紹介 > 大臣・副大臣・政務官 > 大臣・副大臣・大臣政務官の動き > 車座ふるさとトーク(青森県佐井村) (平成29年6月26日)

大臣・副大臣・大臣政務官の動き

車座ふるさとトーク(青森県佐井村) (平成29年6月26日)

 平成29年6月26日、原田総務副大臣は、青森県佐井村で開催された車座ふるさとトークに出席し、「地域おこし協力隊及び地方移住施策の充実強化」をテーマに、地元で活躍されている方13名の方々と車座で意見交換を行いました。
  「車座ふるさとトーク」は、安倍内閣として、大臣・副大臣・政務官が地域に赴き、現場の方々と少人数で車座の対話を行い、生の声をつぶさに聞いて政策にいかそうという取組です。
 当日は、活発な意見交換が行われ、参加者から「移住者の受入れを進めるには、住民どうしのつながりや助け合いが必要。」や「道路整備は、日常生活にも重要。佐井村での生活は好きだし、これからも住み続けたいが、冬季の通行止めや急病人の搬送面で心配になる。」などのお話をいただきました。
 また、「車座ふるさとトーク」の開催に先立ち、大間町でまちおこし団体(津軽海峡マグロ女子会・あおぞら組)との意見交換を行いました。


 
車座ふるさとトークの様子



 
車座ふるさとトークの参加者と記念撮影をする原田総務副大臣



 
津軽海峡マグロ女子会、あおぞら組と意見交換を行う原田総務副大臣

車座ふるさとトークの動画はこちら別ウィンドウで開きます

ページトップへ戻る