総務省トップ > 総務省の紹介 > 大臣・副大臣・政務官 > 大臣・副大臣・大臣政務官の動き > 統一QR「JPQR」普及事業 キックオフイベント(令和元年6月21日)

大臣・副大臣・大臣政務官の動き

統一QR「JPQR」普及事業 キックオフイベント(令和元年6月21日)

 令和元年6月21日、石田総務大臣は、和歌山県白浜町で開催された『統一QR「JPQR」普及事業 キックオフイベント』に出席しました。
 「JPQR」は、QRコード決済が乱立することによる商店や利用者の負担を軽減するため策定された規格で、お店で示すQRコードが一つで済むようになるものです。このJPQRの普及に向け、本年8月1日から岩手県、長野県、和歌山県、福岡県の4県で、統一QR「JPQR」普及事業を実施します。
 イベントの開催に当たり、石田総務大臣は、キャッシュレス決済の普及が進み、店舗や利用者にとって現金を扱うことの負担が減ることや、今後スマートフォンを通じMaaSなど様々なサービスを受けるなど、これからの「Society5.0時代の地方」において必須の決済手段の一つと考えていること、県庁や商工会議所、商工会など地元の方々と連携して、各地域で説明会を開催し、また多くの商店街などで導入いただけるよう取り組んでいく旨述べました。


 
『統一QR「JPQR」普及事業 キックオフイベント』に出席する石田総務大臣



 
『統一QR「JPQR」普及事業 キックオフイベント』で挨拶する石田総務大臣



 
実際にQRコード決済を体験する石田総務大臣

ページトップへ戻る