総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 中国総合通信局 > 報道資料 2017年度 > 津和野町、井原市及び大崎上島町のWi-Fi環境整備を支援

報道資料

平成29年11月30日
中国総合通信局

津和野町、井原市及び大崎上島町のWi-Fi環境整備を支援
<平成29年度「公衆無線LAN環境整備支援事業」の補助金交付決定>

  総務省は、災害時においても、必要な情報伝達手段を確保するため、避難所・避難場所に指定された学校等や公共的な防災拠点の公衆無線LAN(Wi-Fi)環境整備を推進しており、「公衆無線LAN環境整備支援事業」(別紙参照)による補助金を交付しています。
  このたび、中国総合通信局(局長:元岡 透)管内で、島根県津和野町、岡山県井原市及び広島県大崎上島町の3市町に対して、補助金の交付を決定しました。
(単位:千円)
団体名 事業の概要 補助対象事業費 補助金額
島根県津和野町
(つわのちょう)
  津和野体育館(津和野町民センター)(指定避難所)、津和野伝統的建造物群保存地区(公的拠点)等7箇所に公衆無線LAN環境を整備し、災害時は緊急(避難)情報や防災情報を提供し、平時は独自の観光・イベント情報等を提供する。 19,685 13,123
岡山県井原市
(いばらし)
  井原市立大江小学校(指定避難所)等5箇所に公衆無線LAN環境を整備し、災害時は避難住民の通信手段を確保し、平時は学校教育等でインターネット環境を活用する。 10,569 5,284
広島県大崎上島町
(おおさきかみじまちょう)
  東野保健福祉センター(指定避難所)、観光案内所(公的拠点)等8箇所に公衆無線LAN環境を整備し、災害時は防災情報提供用サイトに接続することにより防災情報を提供し、平時は観光・行政情報の提供サイトに接続することにより、各種観光情報等を提供する。 7,074 4,716
          

<関連報道発表>
防災拠点のWi-Fi環境整備を支援します 〜「公衆無線LAN環境整備支援事業」に係る
提案の追加公募開始〜(平成29年6月27日)
http://www.soumu.go.jp/soutsu/chugoku/hodo_2016/01sotsu08_01000673.html

別紙

防災拠点等のWi-Fi環境整備の支援(平成29年度公衆無線LAN環境整備支援事業)

  防災の観点から、防災拠点(避難所・避難場所、官公署)での公衆無線LAN(Wi-Fi)環境の整備を行うとともに、災害発生時の情報伝達手段確保のため、被災場所として想定され災害対応の強化が望まれる公的な拠点(博物館、文化財、自然公園等)におけるWi-Fi環境の整備を行う地方公共団体等に対し、その費用の一部を補助する。

 

  • 事業主体
    財政力指数が0.8以下(3か年の平均値)又は条件不利地域(※)の普通地方公共団体・第三セクター
    ※ 過疎地域、辺地、離島、半島、山村、特定農山村、豪雪地帯
  • 対象拠点
    最大収容者数や利用者数が一定以下の
    • 防災拠点:避難所・避難場所(学校、市民センター、公民館等)、官公署
    • 被災場所と想定され災害対応の強化が望まれる公的拠点:博物館、文化財、自然公園等
  • 補助対象
    無線アクセス装置、制御装置、電源設備、伝送路設備等を整備する場合に必要な費用等
  • 補 助 率
    1/2(財政力指数が0.4以下かつ条件不利地域の市町村については2/3)
    (単位:億円)
    平成27年度 平成28年度 平成29年度
    31.9
公衆無線LAN環境整備事業イメージ図

連絡先
情報通信部 情報通信振興課
電話:082-222-3322

ページトップへ戻る