旧コールサイン復活

  以前、使用していたコールサインが使用できる場合があります。

  免許を失効した方、都合によりしばらくアマチュア無線から遠ざかっていた方でも、ご自分が以前指定されていたコールサインを希望される場合は、次の手続きをとって下さい。

  また、開局の場合は、以前の住所・無線設備等は関係ありませんので、現在の住所・使用する無線設備で申請をして下さい。


免許の有効期間後「6ヶ月以内」の再開局の場合

  開局用申請書の「無線局事項書及び工事設計書」の備考欄に、旧コールサインを記入して下さい。


免許の有効期間後「6ヶ月以上」の再開局の場合

  開局用申請書の「無線局事項書及び工事設計書」の備考欄に、「旧コールサイン希望(希望するコールサイン)」と朱記し、希望するコールサインを確認できる書類を添付して下さい。


既に開局していて旧コールサインに変更する場合

  変更申請書の「無線局事項書及び工事設計書」の備考欄に、「旧コールサイン希望(希望するコールサイン)」と朱記し、希望するコールサインを確認できる書類を添付して下さい。



希望するコールサインを確認できる書類

  1.  無線局免許状(旧コールサインが記載された無線局免許状のコピーを取ってある場合は、そのコピー)
  2.  旧コールサインの記載がある「無線局事項書及び工事設計書」の写し(平成4年3月までは、同用紙の写しが返送されていた)で、地方の総合通信局等の証明が押してある書類
  3. 申請者の旧コールサインが記載されている局名録などのコピー
  4. JARL(一般社団法人日本アマチュア無線連盟)で発行する旧コールサイン確認書(旧コールサインを証明する書類がない場合に申請者から提出される「旧コールサイン調査依頼書」に基づいてJARLが代理証明する書類)

旧コールサイン調査依頼書について

  「旧コールサイン調査依頼書」は、JARLホームページからダウンロードできます。

旧コールサイン確認書の発行について

  「旧コールサイン確認書」の発行を依頼される方は、次の要領で申し込んで下さい。

  1.   「旧コールサイン調査依頼書」の所定の欄に必要事項を記入して、JARL(一般社団法人日本アマチュア無線連盟)へ提出して下さい。
      また、結婚等で氏名が変わった方は、最後に免許が失効したときの氏名を旧姓欄に必ず書いて下さい。

  2.   社団局の場合で、代表者が以前と異なっているときは、当該免許人の地位を引き継いでいることを証明する書類等を「旧コールサイン調査依頼書」に添付して下さい。

JARL(一般社団法人日本アマチュア無線連盟)へ提出する依頼書の封筒の表面には「旧コールサイン調査依頼」と朱書きして返信用封筒(申請者の宛先を書いて郵便切手を貼った返信用の封筒)を同封して下さい。

  依頼書の提出先は次のとおりです。

〒170-8073
  東京都豊島区南大塚3-43-1 大塚HTビル6階
  一般社団法人日本アマチュア無線連盟 「旧コールサイン確認」係


  調査が終わりしだい、JARLから返信用封筒を使って「旧コールサイン確認書」(確認できない場合は、「旧コールサイン未確認通知」)が郵送されてきます。

ページトップへ戻る