総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 北陸総合通信局 > 報道資料 2017年 > 福井放送のラジオの難聴を大幅改善 〜 福井放送株式会社のFM補完中継局に免許 〜

報道資料

平成29年3月28日
北陸総合通信局

福井放送のラジオの難聴を大幅改善
〜 福井放送株式会社のFM補完中継局に免許 〜

 総務省北陸総合通信局(局長 吉武 久(よしたけ ひさし))は、福井放送株式会社(代表取締役社長 宮腰 義博(みやごし よしひろ))から免許申請のあったFM補完中継局(FBCあすわFM)に対して、本日付けで免許を付与しました。
 本FM補完中継局は、福井県坂井市にある同社のAMラジオ放送局(親局)の都市型難聴対策を目的に開設するFM方式の中継局で、地上アナログテレビジョン放送の跡地であるV-Low帯域の一部(90〜95MHz)の周波数を使う中継局(ワイドFM)としては北陸3県で3局目となります。 
【FM補完中継局の概要】
申請者 福井放送株式会社
放送区域及び
放送区域内世帯数
福井県の一部(放送区域は別紙PDFのとおり)
18.2万世帯(申請による)
(注)福井県内世帯数の約65%
送信所設置場所 福井県福井市足羽上町
電波の型式、周波数 F8E  94.6MHz
空中線電力 1kW  最大実効輻射電力 4.1kW
運用許容時間 常時
放送開始予定日 平成29年4月1日(土)
(関係報道資料)
 FM補完中継局に予備免許(平成28年12月22日)
 http://www.soumu.go.jp/soutsu/hokuriku/press/2016/pre1601222-1.html

連絡先
情報通信部放送課
担当:綿谷、竹田
電話:076−233−4490

ページトップへ戻る