マルチメディア放送

 マルチメディア放送のサービスは、通信と放送が連携し、動画・音楽、新聞・雑誌・電子書籍・ゲームなどの様々な形式のコンテンツが提供されるほか、従来の放送にない蓄積型放送や、高画質・高音質のリアルタイム型放送などを組み合わせて実現する新しい放送の形態です。

 地上テレビジョン放送の完全デジタル化に伴い利用可能となった周波数(99MHzを超え108MHz以下)を使用して行う地方ブロック向け放送(以下「V-Lowマルチメディア放送」と言う)が現在放送されています。

V−Lowマルチメディア放送
 全国を各地方の都道府県からなる7地方ブロックに分け、各ブロックを対象とし、地域密着の生活情報や安心安全情報等を放送する「地方ブロック向け放送」として、エフエム東京系の(株)VIPが基幹放送局提供事業者(ハード事業者)となり、認定基幹放送事業者(ソフト事業者)として近畿管内においては大阪マルチメディア放送(株)が平成28年3月1日から「 i-dio(アイディオ) 」の名称で放送を開始しました。

 ※視聴には「V-Lowチューナー内蔵スマートフォン(i-dio Phone)」又は「(i-dio Wi-Fiチューナー)+(スマートフォン又はタブレット)」が必要です(平成28年7月現在)。
 ※放送エリア(大阪府・京都府・奈良県・兵庫県それぞれの一部地域)

V−High放送(マルチメディア放送及びテレビジョン放送)
 平成24年4月から「NOTTV」のサービス名で放送が開始されていましたが、平成28年6月30日をもって放送終了となりました。
 

マルチメディア放送

ページトップへ戻る