総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 近畿総合通信局 > 非常災害時におけるラジオの活用(臨時災害放送局)

非常災害時におけるラジオの活用(臨時災害放送局)

【目的、概要等】
 暴風、豪雨、洪水、地震、大規模な火事その他による災害が発生した場合に、被災地の住民に対して必要な情報を正確かつ迅速に提供するため、地方公共団体が臨時かつ一時の目的のためにFMラジオ放送局(臨時災害放送局)の開設を希望し、緊急やむを得ないと認められるものについても、「臨機の措置」を行うことを認めています。
 なお、災害対策放送を目的とする臨時の放送局であるため、初期の目的が達成された時点で廃止されます。

臨時災害放送局の主な開設条件

○使用できる周波数があること。
○放送対象地域:災害対策に必要な地域の範囲内であること。
○放送番組:被災地における被災者への支援及び救援活動等の円滑な実施を確保するために必要な範囲内のものであること。

臨時災害放送局の主な開設実績

平成7年1月17日の阪神・淡路大震災関連で兵庫県に初めて免許し、同年2月に制度化されて以降、今までに39の自治体が開設。

(2)平成12年3月 有珠山噴火関連              北海道虻田町に免許
(3)平成16年10月 新潟県中越地震関連      新潟県長岡市に免許
        ↓
    平成23年3月 東日本大震災関連 29自治体に免許
        ↓
(39)平成26年8月 兵庫県北東部豪雨関連  兵庫県丹波市に免許
お問い合わせ先
放送部 放送課(06-6942-8568)

ページトップへ戻る