総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 沖縄総合通信事務所 > 報道資料(2014年) > 戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE)の 平成26年度研究開発課題の公募の結果

報道資料

平成26年7月18日
総務省沖縄総合通信事務所

戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE)の
平成26年度研究開発課題の公募の結果

 総務省は、情報通信分野の競争的資金である「戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE)」の平成26年度研究開発課題の公募を、平成26年3月14日(金)から同年4月14日(月)まで行い、271件の提案がありました。
 これらの提案について外部評価を実施し、その結果を踏まえて74件の提案を採択し、沖縄管内からは、「地域ICT振興型研究開発」1件を採択しました。

○ 地域ICT振興型研究開発(沖縄管内からの応募)

 ICT の利活用によって地域貢献や地域社会の活性化を図るために、地域に密着した大学や、地域の中小・中堅企業等が提案する研究開発課題に対して研究開発を委託します。
研究開発課題名 M2M通信を活用した再生可能エネルギー由来の充電ステーションシステムの開発
研究代表者
研究分担者
浦崎 直光(琉球大学)
千住 智信、與那 篤史(琉球大学)
概要
(詳細は別紙PDFを参照)
本研究では、再生可能エネルギー由来の電気自動車(EV)用充電システムの開発を行う。再生可能エネルギーを効率的に得るために、各企業や家庭(以下、需要家と称する)が有する再生可能エネルギーを集約するアグリゲーション事業者を導入し、地域毎にEVの充電サービスを提供する。各充電ステーションでは需要家ならびにEVユーザとMachine to Machine 通信(M2M通信)により安価かつ低消費電力による無線通信を行い、双方向通信に基づいて最適運用を実現する。
研究期間 1か年度
参考1:「戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE)の平成26年度研究開発課題の公募の結果」
    (総務省報道資料)http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01tsushin03_02000091.html
参考2:戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE)
     Strategic Information and Communications R&D Promotion Programme 

連絡先
情報通信課   石黒、照屋
  電話 098−865−2385
  FAX 098−865−2311
  Eメール:okinawa-telecom_atmark_ml.soumu.go.jp
(スパムメール防止のため、「_atmark_」を「@」に直して入力してください。) 

ページトップへ戻る