総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 沖縄総合通信事務所

沖縄総合通信事務所の紹介

沖縄総合通信事務所ロゴ
沖縄の文化・社会経済の実情を踏まえた情報通信施策を推進しています。

報道資料

トピックス

「2016うちな〜ICTビジネスプラン発表会」を開催 平成28年12月17日

「2016うちな〜ICTビジネスプラン発表会」を開催</strong> 平成28年12月17日

 
 総務省沖縄総合通信事務所、沖縄情報通信懇談会、国立研究開発法人情報通信研究機構及び一般社団法人テレコムサービス協会は、12月17日に琉球大学地域創生総合研究棟内において、2016うちな〜ICTビジネスプラン発表会を開催しました。
 本発表会は、沖縄県内においてICTを活用したベンチャー起業家を目指す大学生及び既に起業した者を対象に発表の場を設け、起業家候補生の発掘や新規事業の提携・資金調達・販路拡大等のビジネスマッチングを目的として開催しており、今回で4回目の開催となります。

 今回は、起業家部門に2提案、学生部門に12提案の応募があり、11月26日のスキルアップセミナー(プレ発表会)でブラッシュアップされた提案がそれぞれ発表され、起業家部門で1提案、学生部門で6提案が受賞作品PDFとして表彰されました。
 今回受賞した提案のうち、学生部門から2つの提案が来年2月と3月に開催される「起業家甲子園別ウィンドウで開きます」及び「ビジネスモデル発見&発表会別ウィンドウで開きます」に参加する予定です。

 
詳しくは報道資料をご覧下さい。別ウィンドウで開きます

  ※ 写真をクリックすると別ウィンドウで開きます。

「沖縄デジタル映像祭2016上映会・授賞式」を開催 平成28年12月13日

「沖縄デジタル映像祭2016上映会・授賞式」を開催</strong> 平成28年12月13日

 
 総務省沖縄総合通信事務所、沖縄情報通信懇談会及び公立大学法人名桜大学は、12月13日(火)、浦添市と名護市の会場を超高速通信回線でつなぎ、沖縄デジタル映像祭2016上映会・授賞式を開催しました。
 本映像祭は、地域メディアコンテンツの制作促進やデジタル映像クリエイター人材の発掘・育成を目的に毎年開催しており、今年で13回目となります。

 今回は、県内の高校生、専修学校生等から125作品の応募があり、厳選な審査を通った60作品をノミネート作品として上映、複数受賞等を含む17作品(作品数自体は14)が受賞作品PDFとして表彰され、結果に喜んだり、感心したりと盛り上がりを見せていました。
 なお、今回は、受賞作品の他、企業賞に係る企業・団体CMスポンサーより2作品が奨励されました。

 また、トーク・セミナーでは、学校法人幾徳学園神奈川工科大学情報学部情報メディア学科准教授 小島一成氏による「モーションキャプチャ技術と応用」と題した講演を行いました。デジタル映像処理におけるモーションキャプチャ技術、実写との合成等最新研究の紹介の後、舞台上での「慣性式モーションキャプチャ」実演があり、人の一連の動作がリアルタイムでコンピューターに取り込まれる様子に、参加者は興味深く聞き入っていました。

 両会場には応募された学生等を中心に、浦添会場では190名、名護会場では65名の参加があり、盛況のうちに終えることができました。

詳しくは報道資料をご覧下さい。

  ※ 写真をクリックすると別ウィンドウで開きます。

「ICT利活用サミットin沖縄 −ICTで開く「沖縄の未来」−を開催 平成28年11月28日

「おもしろ電波教室」の開催 平成28年11月23日

信書便制度説明会を開催 平成28年11月18日

以前のトピックス

更新情報

  • 2017年1月6日  調達情報(一般競争入札公告)別ウィンドウで開きますを更新しました。【NEW】
  • 2017年1月4日  アマチュア局コールサイン付与状況を更新しました。
  • 2016年12月1日  アマチュア局コールサイン付与状況を更新しました。
  • 2016年11月1日  アマチュア局コールサイン付与状況を更新しました。
  • 2016年10月3日  アマチュア局コールサイン付与状況を更新しました。

お知らせ

基本情報

関連サイト

ページトップへ戻る