総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 沖縄総合通信事務所 > 報道資料(2017年) > 戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE)の 平成29年度研究開発課題の公募の結果

報道資料

平成29年5月8日
総務省沖縄総合通信事務所

戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE)の
平成29年度研究開発課題の公募の結果

 総務省は、情報通信分野の競争的資金である「戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE)」の平成29年度研究開発課題の公募を、平成29年1月6日(金)から同年2月6日(月)までで実施し、141件の提案がありました。
 これらの提案について外部専門家・外部有識者による評価を実施し、その結果を踏まえて44件の提案を採択し、沖縄管内からは、「地域ICT振興型研究開発」において1件を採択しました。

○ 地域ICT振興型研究開発(沖縄管内からの応募)

  ICT の利活用によって地域貢献や地域社会の活性化を図るために、地域に密着した大学や、
地域の中小・中堅企業等が提案する研究開発課題に対して研究開発を委託します。
研究開発課題名 ドローンを含めたITS融合ネットワーク構築の研究開発
研究代表者
 
研究分担者
 
 
 
 
藤井 知
(沖縄工業高等専門学校)
Tansuriyavong Suriyon、谷藤 正一、神里 志穂子、山田 親稔
(沖縄工業高等専門学校)
有本 和民
(岡山県立大学)
木下 研作、吉川 憲昭、中根 秀樹
(株式会社サイバー創研)
概要  沖縄県は南北約400km、東西約1000kmの広大な海域に大小160もの島々が点在する全国でも有数の島嶼県である。
 ブロードバンド環境の整備が一部では進んできたとはいえ、各離島間で大きな差があり、特に、災害後の復旧作業に障害となる。
 そのため、本研究開発では、離島内や離島相互間において、長距離飛行可能な完全自律制御型電動ヘリコプタと次世代車載無線通信技術(WAVE)とクラウドコンピュータによる画像解析を組み合わせた地域密着型の情報通信ネットワークの構築を研究開発の目的とする。
研究期間  1か年度
参考1:「戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE)の平成29年度研究開発課題の公募の結果」
     (総務省報道資料)http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01tsushin03_02000001.html

参考2:戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE)
     Strategic Information and Communications R&D Promotion Programme
 

連絡先
情報通信課
末吉、中村
電 話:098−865−2385
FAX:098−865−2311
Eメール:okinawa-renkei_atmark_ml.soumu.go.jp
(スパムメール防止のため「@」を「_atmark_ 」と表記しています。)

ページトップへ戻る