総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 四国総合通信局 > 報道資料 2018年 > 南海放送株式会社のFM補完中継局に予備免許 ≪AM放送局が被災したときの放送継続に備えて中継局を整備≫

報道資料

平成30年2月23日
四国総合通信局

南海放送株式会社のFM補完中継局に予備免許
≪AM放送局が被災したときの放送継続に備えて中継局を整備≫

 四国総合通信局(局長:吉武 久(よしたけ ひさし))は、南海放送株式会社(代表取締役社長:田中 和彦(たなか かずひこ))から免許申請のあったFM補完中継局3局について、本日付けで予備免許を付与しました。
 同社は愛媛県を放送対象地域としてラジオ(AM)の放送をおこなっていますが、松山市、新居浜市等県内6地域において、AM放送と同内容の番組を放送するFM補完中継局を開設しています。
 今回開設するFM補完中継局(本年3月頃放送開始予定)により、今治市、久万高原町及び愛南町の3地域(約6万6千世帯対象)において、AM放送局が被災したときにも放送が継続されることとなり、ラジオによる災害時の情報伝達が確保されます。
     
表:【予備免許を付与したFM補完中継局の概要】
放送局の名称 RNB今治(いまばり)FM RNB久万(くま)FM RNB御荘(みしょう)FM
放送区域及び
放送区域内世帯数
(別図参照)
今治市の一部
55,847世帯
全世帯数の81.8%
(申請書による)
久万高原町の一部
2,247世帯
全世帯数の50.3%
(申請書による)
愛南町の一部
8,094世帯
全世帯数の92.3%
(申請書による)
送信所設置場所 愛媛県今治市 愛媛県上浮穴郡
久万高原町
愛媛県南宇和郡
愛南町
電波の型式、周波数 F8E 91.7MHz F8E 91.2MHz F8E 91.7MHz
空中線電力 20W
(最大実効輻射電力26W)
20W
(最大実効輻射電力27W)
20W
(最大実効輻射電力130W)
本放送開始予定平成30年3月頃

【参考】

 FM補完中継局は、(1)中波(AM)放送局が被災したときの放送継続、(2)外国波混信若しくは都市型難聴又は地理的・地形的難聴の解消を目的に、FM放送用の周波数を用いてAM放送と同内容の放送を行う中継局です。
 今回開設される中継局は、平成28年度予算による「放送ネットワーク整備支援事業(地上基幹放送ネットワーク整備支援事業)」を活用して整備されます。

【関連報道資料】

南海放送株式会社の放送ネットワークの強靱化を支援 (平成28年11月29日)
http://www.soumu.go.jp/soutsu/shikoku/press/20161129.html (*今治局)

四国における放送ネットワークの強靱化を支援 (平成29年3月30日)
http://www.soumu.go.jp/soutsu/shikoku/press/20170330.html (*久万局、御荘局)


連絡先
四国総合通信局 情報通信部 放送課
担当:石丸課長、森課長補佐
電話:089-936-5037

ページトップへ戻る