深く考えてみよう
テーマ
1
コミュニケーション編
〜予期せぬトラブルに備えて~
2自画撮り写真の交換に端を発した脅迫被害
同性のステキな友達だと信じていたのに
好きなアーティストの話題で意気投合した同じ歳のBさんと直接やりとりを始めたCさん。やがて、誰にも言えない秘密も打ち明けられる仲になりました。
写真を送ったら態度が急変、脅迫された
Bさんの写真が届き、嫌われたくなくて自分の写真を返信した途端、写真付きで秘密をネットに拡散されたくなければ裸の写真を送れと脅されました
考えてみよう!
話が盛り上がる相手は嬉しい存在。
でも、思惑があって共通の話題で近づいてきた人だったら、やりとりした内容が脅しのネタに。
こんな被害を防ぐために、できることは?
A裸の画像は送らない
一度、ネット上に流出した画像は、全てを回収・削除することはできません。また、友達などに裸の写真を送らせたり、裸の写真を他の人に送信・転送したりすることは「犯罪」です。
B情報の組み合わせに注意
フォロー相手や友達との会話で名前や学校名が知られてしまうと、顔写真1枚でも脅しのネタにされる可能性が!ネットだけの知り合いに、秘密や内緒ごとを打ち明けるのはとても危険です。
C深みにはまってしまう前に
偽りの投稿ができるだけでなく、写真や動画の偽装もできる時代。目に見える情報を簡単に信用してはダメ、一度送った情報は取り戻せないことを忘れずに。困ったら身近な大人に相談を!
解説
言葉巧みに近づく人を、見える情報だけで判別するのは不可能

政府インターネットテレビでは、実際の事件を基にしたドラマ仕立ての動画を公開しています。悪意ある大人の巧妙な手口を、動画で疑似体験できますので、ぜひ参考にしてください。

自画撮り被害児童のほとんどは中高生。仲良くなりたいと思わせて個人情報を聞き出し、写真を送らせて脅す手口の一部始終を、じっくり考えながら視聴し、時間をかけて真剣に話し合ってみましょう。

※18歳未満の性的な写真・動画の製造・提供・所持は、児童買春、児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律違反となるおそれがあります。

自画撮り被害が増加! SNS上の出会いに要注意!!

「政府広報インターネットテレビ」

ワンポイントアドバイス!

「自分だけは大丈夫」 と思って注意を怠ることが一番危険!
DM等で写真をやりとりしない&秘密を話さない。これが安全の鍵です。

動画コンテンツ集