深く考えてみよう
テーマ
1
コミュニケーション編
〜予期せぬトラブルに備えて~
3心のよりどころだったSNS上の知人による誘い出し
ネットで出会った相談相手に会いに行き

※DMは「ダイレクトメッセージ」。複数の人たちとやりとりする場でのメッセージでなく、個人同士が直接やりとりできるメッセージ機能。

辛いことが続き、SNSにつぶやいていたDさん。気持ちが落ち着くメッセージをくれる人に出会い、DMでやりとりするうちに、会いに行くことになりました。
そのまま連絡がつかなくなってしまった
出かけたきり家に帰ってこなくなり、家族が警察に相談。誰にも言わずに会いに行ったことは、DさんのSNSの記録を確認して初めてわかったのです。
考えてみよう!
ネットだけの交流では、顔、姿、気持ち、メッセージ、どれも本物かどうかわかりません。
それなのになぜ、ネットで知り合った人を信じたり頼りにしたりしてしまうのでしょう?
A知らない人のほうが便利?
自分を直接知っている人と、ネットだけでやりとりしている人。優しい言葉をかけられて嬉しいのはどっち?ネットなら余計な詮索をされずに済み、都合がいいだけではありませんか?
BどうしてもSNSを使うなら
中には本当に親身になってくれる人もいますが、上辺だけの人も山ほど。どうしてもSNSに頼りたいなら、「深入りしない」 「DMを警戒し、個人的なやりとりはしない」 を徹底しましょう。
C親身になってくれる人に
・気持ちを察してくれる友人
・じっくり話を聞いてくれる家族
・いつも相談にのってくれる先生
に知られたくない、心配をかけたくないと思っても一番安全な身近な人に話をしてみましょう。
解説
成長過程で生じる不安定な感情につけこまれる危険

多くの子供がSNSを活用し始めるのが、仲間との関係が大事で、悩みもモヤモヤすることも多い思春期の頃。感情の行き違いはしばしば起こり、辛さやイラ立ち、「大人はわかってくれない!」 など、リアルな生活で受けたストレスをネットにぶつけることで自分の気持ちをコントロールしようとすることも少なくありません。

でも、そんな心理状態や判断の甘さを知って、近づいてくる危険な大人もいます。ネットの向こうにいるのが悪い人かもしれないことを知りつつ、リスクよりもそのときの感情を優先しがちな時期。ネットで知り合った人に深入りしないよう 「ここまで!」 の限界を話し合い、意識して使うことが危険回避の第一歩です。

ワンポイントアドバイス!

ネットだけの知り合いとのやりとりは、他の人からも見える場所で!
周囲に知られたくない悩みなら、専門の相談窓口を利用しましょう♥

※厚生労働省サイト 『まもろうよ こころ』 に掲載されている相談窓口もご利用ください。

動画コンテンツ集