深く考えてみよう
テーマ
3
個人情報&プライバシー編
〜防ごう!悪用・詐欺被害・特定~
10メールからの誘導によるフィッシング詐欺被害
IDがロックされたというメールが届き
「アカウント情報確認と再設定のお願い」メールが届いたMくん。よく使うIDなのでロックされたら困ると、慌ててメールにあったリンク先で手続きをしました。
ポイントと個人情報を盗まれてしまった
その後、アイコンからそのサービスを使おうとしたらアクセス不可。パスワードを再設定してログインすると、貯まっていたポイントが全て使われていました
考えてみよう!
運営会社をかたって安全確認やセキュリティ問題解消を促すメールは増える一方です。
ウソを見抜き被害を避けるには、何に気をつけ、どんなことを心がければよいでしょう?
A疑わしいメールやメッセージ
携帯会社、OS事業者、銀行、ショッピングサイト等の名で届く確認メールは、本物そっくりの入力画面へ誘導し個人情報を盗むことも。慌ててアクセスせず、公式サイトで必ず確認!
Bニセの対策アプリへ誘導等
セキュリティ上の警鐘を鳴らし、対策アプリ提供サイトのURLを示して不正アプリを導入させる手口も多発!遠隔操作アプリを導入してしまって、盗撮等の被害に遭った人もいます。
C不審なポップアップ
画面に出た「当たり」や「警告」のメッセージに不用意にアクセスすると、金銭や個人情報を騙し取られたり、ウイルス感染や機器乗っ取り等の被害に。“無視”も危機管理の1つです。
解説
安全をエサに釣る、巧妙な“フィッシングの仕掛け”に要注意

友人を装ったり興味を引くことを示して詐欺サイトへ誘導するワンクリック詐欺もありますが、企業や行政機関等をかたり、安全性の確保を呼びかけるフィッシングの仕掛けが増えました。「普段よく利用しているから何かあったら大変!」という人の心理を悪用し、パスワードやカード情報等を盗む手口。メールやメッセージの具体例や対策が各社の公式サイトに掲載されているので、アクセスの前に確認するか、無視して削除しましょう。

その他、ファイルを暗号化し解除をネタに金銭を要求する「ランサム(=身代金)ウェア」、盗撮や犯罪に利用するための遠隔操作ウイルス等の被害も発生しています。OSやセキュリティソフトの更新を忘れず安全な利用環境を!

ワンポイントアドバイス!

セキュリティ対策を行うと共に、日ごろから“用心”と“こまめな更新”を心がければ、突然の警告を不審に感じて、冷静な対応ができます。

動画コンテンツ集