総務省トップ > 政策 > 情報通信(ICT政策) > ICT利活用の促進 > 教育情報化の推進 > スマートスクール・プラットフォーム実証事業(平成29年度〜)

スマートスクール・プラットフォーム実証事業(平成29年度〜)

 文部科学省と連携し、教職員が利用する「校務系システム」と児童生徒も利用する「授業・学習系システム」間の、安全かつ効果的・効率的な情報連携方法等について実証し、「スマートスクール・プラットフォーム」として標準化します。併せて、その円滑な運用基盤となる、次世代ネットワーク環境についてガイドラインを策定します。

スマートスクール・プラットフォーム実証事業のイメージ(「校務系システム」(学習データに基づく学級・学校経営の改善、事務負担の軽減等)と、「授業・学習系システム」(個々に最適な学習のリコメンド、協働学習の活性化等)間の、安全かつ効果的・効率的な情報連携)


「スマートスクール・プラットフォーム」の標準化に向けた実証

 

「次世代学校ICT環境」の整備に向けた実証

 

ページトップへ戻る