総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > 平成31年度以降の接続料算定における長期増分費用方式の適用の在り方

報道資料

平成30年10月16日

平成31年度以降の接続料算定における長期増分費用方式の適用の在り方

− 情報通信審議会からの答申 −
 総務省は、本日、情報通信審議会(会長:内山田 竹志 トヨタ自動車株式会社 取締役会長)から、「平成31年度以降の接続料算定における長期増分費用方式の適用の在り方」(平成29年11月15日付け諮問第1226号)について、答申を受けました。

1.経緯等

 本件は、平成29年11月に情報通信審議会に諮問した「平成31年度以降の接続料算定における長期増分費用方式の適用の在り方」に関し、同審議会電気通信事業政策部会及び接続政策委員会における調査・審議並びに意見公募の結果を踏まえ、答申がなされたものです。

2.答申等

 答申は「別紙1PDF」、概要資料は「別紙2PDF」のとおりです。また、平成30年7月19日から同年8月22日までの間実施した意見公募の結果は「別紙3PDF」のとおりです。

3.今後の予定

 総務省は、本答申を踏まえ、関係省令の改正等、所要の措置を講じていくこととします。

4.資料の入手方法

 別紙1〜3の資料については、総務省ホームページ(http://www.soumu.go.jp)の「報道資料」欄に、本日(16日(火))情報通信審議会電気通信事業政策部会部会長会見終了後(15時30分目途)に掲載するほか、総務省総合通信基盤局電気通信事業部料金サービス課(総務省10階)において閲覧に供するとともに配布します。

<関係報道資料>

○ 平成31年度以降の接続料算定における長期増分費用方式の適用の在り方
  − 答申(案)に対する意見募集 −(平成30年7月18日)
  URL: http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban03_02000493.html
 
○ 平成31年度以降の接続料算定における長期増分費用方式の適用の在り方
  − 答申(案)に対する意見募集の結果 −(平成30年8月31日)
  URL: http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban03_02000500.html

(参考)接続政策委員会 開催状況・配付資料等
  URL: http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/policyreports/joho_tsusin/setsuzoku_seisaku/index.html
連絡先
諮問内容等について
  総合通信基盤局電気通信事業部料金サービス課
  (担当:小澤課長補佐、柏崎係長、川口官)
  電話:03−5253−5844
  FAX:03−5253−5848
  E-mail:lric_atmark_ml.soumu.go.jp
  (注)迷惑メール防止対策のため「@」を「_atmark_」
    と表示しております。送信の際には、「@」に置き
    換えてください。
情報通信審議会について
  情報流通行政局総務課総合通信管理室
  (担当:山田課長補佐、野川係長、徳永官)
  電話:03−5253−5432

ページトップへ戻る