総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > 「電波政策ビジョン懇談会 最終報告書(案)」に対する意見募集

報道資料

平成26年11月20日

「電波政策ビジョン懇談会 最終報告書(案)」に対する意見募集

 総務省は、新しい電波利用の姿等についてより具体的に議論を行うことを目的として、平成26年1月から「電波政策ビジョン懇談会」(座長:多賀谷 一照 獨協大学法学部教授)を開催しています。
 今般、本懇談会における検討結果を踏まえ、「電波政策ビジョン懇談会 最終報告書(案)」が取りまとめられましたので、平成26年11月21日(金)から同年12月5日(金)まで、意見を募集します。

1 経緯

 総務省は、無線通信の高度化への期待及びニーズが高まる中にあって、電波のひっ迫状況を解消するために政策を抜本的に見直し、世界最先端のワイヤレス立国の実現・維持を図るべく、平成26年1月から電波政策ビジョン懇談会を開催し、新しい電波利用の姿等について検討してきました。
 今般、本懇談会における検討結果を踏まえ、「電波政策ビジョン懇談会 最終報告書(案)」が取りまとめられましたので、意見を募集します。

2 募集要領

(1)意見募集対象:電波政策ビジョン懇談会 最終報告書(案)(別紙1PDF
(2)参考資料:別紙2PDF(電波政策ビジョン懇談会 最終報告書 概要(案))
(3)意見募集要領:別紙3PDF
      意見提出フォーマット:別添WORD
(4)提出期限
   平成26年12月5日(金)正午(郵送の場合は同日必着)

   詳細については、別紙3の意見募集要領を御覧ください。
   意見募集対象については、総務省ホームページ(http://www.soumu.go.jp)「報道発表」欄及び電子政府の総合窓
  口[e-Gov](http://www.e-gov.go.jp)「パブリックコメント」欄に掲載するとともに、連絡先窓口にて閲覧に供します。

3 留意事項

 提出された意見は、最終報告書を取りまとめるに当たり、議論の参考とさせていただきます。意見内容については、募集期間終了後、取りまとめて公表する予定です。なお、意見に対する個別の回答はいたしかねますので御了承ください。

 

 

【参考】
○ 電波政策ビジョン懇談会
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/kenkyu/denpa_vision/index.html
○ 「電波政策ビジョン懇談会」の開催(平成26年1月16日)
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/02kiban09_03000209.html
○ 電波政策ビジョンの検討に向けた検討課題等に対する意見募集(平成26年2月4日)
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban09_02000110.html
○ 「電波政策ビジョン懇談会 中間とりまとめ(案)」に対する意見募集(平成26年6月9日)
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/02kiban09_03000240.html
○ 「電波政策ビジョン懇談会 中間とりまとめ」及び意見募集の結果の公表(平成26年7月14日)
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/02kiban09_03000248.html

 

連絡先
総合通信基盤局電波部電波政策課
担当:高橋周波数調整官、小林専門職、
    平林政策係長、大江第一計画係長、武田官
電話:(代表)03-5253-5111[内線 5875]
電話:(直通)03-5253-5875
FAX:03-5253-5940
E-mail:denpa.seisaku_atmark_ml.soumu.go.jp
(スパムメール対策のため、「@」を「_atmark_」と
表示しております。 送信の際には、「@」に変更し
てください。)

ページトップへ戻る