総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > 平成26年度「ICTイノベーション創出チャレンジプログラム」 の事業名の決定及び技術開発課題の公募

報道資料

平成26年6月27日

平成26年度「ICTイノベーション創出チャレンジプログラム」
の事業名の決定及び技術開発課題の公募

 総務省は、平成26年度より新規に実施する「ICTイノベーション創出チャレンジプログラム」の事業名を「I-Challenge !」にすることに決定しました。また、革新的な技術シーズやアイデアを持ち、新事業の創出に挑戦するベンチャー企業等による技術開発課題の提案の公募(常時応募可能)を開始しますので、お知らせいたします。
  総務省では、情報通信審議会「イノベーション創出実現に向けた情報通信技術政策の在り方」最終答申(平成26年6月27日)を踏まえ、平成26年度より、多くのベンチャー企業等が直面している、いわゆる「死の谷」の克服に向けた支援制度である「ICTイノベーション創出チャレンジプログラム」(以下、「本事業」という。別添2参照)を開始します。本事業は、ICT分野におけるイノベーション創出に向け、民間の事業化ノウハウ等の活用による事業育成支援と研究開発支援を一体的に推進することにより、研究開発成果の具現化を促進し、もって新事業の創出に資することを目的としています。

1 ICTイノベーション創出チャレンジプログラム」の事業名の決定

  事業名: I-Challenge !  <アイ・チャレンジ>

2 技術開発課題の公募(公募期間)

  平成26年6月27日(金)〜
  平成26年度中はいつでも応募可能です(常時応募可能)。

3 補助対象者、対象要件

  別添1「平成26年度「ICTイノベーション創出チャレンジプログラム」技術開発課題 公募要領」(以下、公募要領)をご参照ください。

4 事業内容

  公募要領の「2.(3)補助事業の内容」及び参考2「先進的情報通信技術実用化支援事業費補助金交付要綱」(以下、交付要綱)の別表をご参照ください。

5 応募方法(一次提案)

 応募に必要な書類を、公募要領に従い作成してください。申請書類の提出にあたっては、作成に使用した元データ(Word等)をメール等で電子データにて以下の提出先に提出してください。

【申請書の提出先】
○事務局(業務支援機関)
  株式会社野村総合研究所 コンサルティング事業本部
  ICT・メディア産業コンサルティング部(担当:小林、木村、伊藤)
  〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-6-5
  メール宛先:challenge-ict_atmark_nri.co.jp
  (スパムメール防止のため「@」を「_atmark_」に換えて表記しています)

6 説明会の開催

 本事業について、以下の会場において公募に係る説明を行う予定です。また、以下の会場の他にも公募説明を実施する予定ですので、最新情報は本事業に関するホームページ(URL : http://www.nri.com/jp/opinion/r_report/soumu/challenge_ict/index.html別ウィンドウで開きます)をご確認のうえ、申し込みをお願いします。説明会への参加を希望される方は、開催2日前までに、電子メール又は電話にてお申込み下さい。
 
【説明会申し込み先】
○事務局(業務支援機関)
  メール宛先:challenge-ict-seminar_atmark_nri.co.jp
  (スパムメール防止のため「@」を「_atmark_」に換えて表記しています)
  TEL: 03-5533-3459
  申込みの際は、メールの件名を必ず「総務省アイ・チャレンジ説明会出席登録○月○日回」とし、本文に(1)所属(組織名と部署名)、(2)氏名(漢字とふりがな(カタカナ))、(3)メールアドレス、(4)電話番号を明記して下さい。
 
(1)平成26年7月4日(金)13:30〜15:30 (定員 約70名)
    場所:総務省近畿総合通信局4階会議室
    (大阪府大阪市中央区大手前1−5−44 大阪合同庁舎第1号館) 

(2)平成26年7月7日(月)18:30〜20:30 (定員 約70名)
    場所:慶應義塾大学  東館6階G-SEC Lab(ラボ)
    (東京都港区三田2-15-45 慶應義塾大学グローバルセキュリティ研究所)

(3)平成26年7月10日(木)14:00〜16:00 (定員 約70名)
    場所:名古屋大学 豊田講堂第1会議室
    (名古屋市千種区不老町)

(4)平成26年7月14日(月)18:30〜20:30 (定員 約90名)
    場所:東京大学山上会館 大会議室(2階)
    (東京都文京区本郷7-3-1 本郷キャンパス内)

 ※ 申し込みが定員になり次第、受付を締め切らせていただきます。
 ※ 参加は無料です。

7 その他

  詳細については、公募要領をご参照ください。
連絡先
【事業全般に関する問合せ先】
総務省情報通信国際戦略局技術政策課
(担当:篠澤、喜多)
  連絡先: challenge-ict_atmark_ml.soumu.go.jp
  TEL: 03-5253-5727
  FAX: 03-5253-5732
【申請に関する問合せ先】
○業務支援機関
  株式会社野村総合研究所
  コンサルティング事業本部
  ICT・メディア産業コンサルティング部
  (担当:小林、木村、伊藤)
   連絡先:  
  (申請関連)
   challenge-ict_atmark_nri.co.jp
  (説明会関連)    
   challenge-ict-seminar_atmark_nri.co.jp
   TEL: 03-5533-3459
   FAX: 03-5533-2840
【経理に関する問合せ先】
○不正等監視機関
  有限責任あずさ監査法人
  第1事業部(担当:小林、田中)
  連絡先: challenge-ict_atmark_jp.kpmg.com
  TEL: 03-3548-5801
  FAX: 03-3548-5810
(スパムメール防止のため「@」を「_atmark_」に換えて
 表記しています)

関係資料

○別添1 平成26年度「I-Challenge!」技術開発課題 公募要領(PDF版PDF)(Word版WORD
           別紙1 研究開発機関の補助対象経費の区分(範囲)
           別紙2 事業化支援機関の補助対象経費の区分(範囲)
       (一次提案申請関係)      様式1 申請者情報
                           様式2 一次提案申請書
                           様式3 役員一覧
       (二次提案書作成申請関係) 様式1 二次提案書作成合意書
       (二次提案申請関係)      様式1 二次提案申請書
                          様式2 資金計画
                          様式3 本件に関する連絡先
○別添1 別紙3 経理処理解説(総論) PDF
○参考1 平成26年度 「I-Challenge!」事業概要PDF
○参考2 先進的情報通信技術実用化支援事業費補助金交付要綱(平成26年5月1日)PDF
○参考3 競争的資金の間接経費の執行に係る共通指針(平成26年5月29日改正)PDF
○参考4 情報通信分野における研究上の不正行為への対応指針(第2版)(平成19年3月)PDF
○参考5 研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)(平成26年4月11日)PDF

関係報道発表

○平成26年度「ICTイノベーション創出チャレンジプログラム」に係る業務支援機関の公募(平成26年4月14日)
  URL : http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01tsushin03_02000072.html

○平成26年度「ICTイノベーション創出チャレンジプログラム」に係る不正等監視機関の公募(平成26年4月14日)
  URL : http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01tsushin03_02000073.html
 
○平成26年度「ICTイノベーション創出チャレンジプログラム」に係る一次提案審査に参加する機関の募集(平成26年6月13日)
  URL : http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01tsushin03_02000081.html

ページトップへ戻る