総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > 「利用者視点を踏まえたICTサービスに係る諸問題に関する研究会」第二次提言の公表

報道資料

平成22年5月26日

「利用者視点を踏まえたICTサービスに係る諸問題に関する研究会」第二次提言の公表

 総務省は、平成21年4月から「利用者視点を踏まえたICTサービスに係る諸問題に関する研究会」(座長:堀部 政男 一橋大学名誉教授)を開催しています。今般、本研究会において第二次提言が取りまとめられましたので公表します。

1 経緯
 総務省は、新たなサービスの登場や新技術を活用した情報の流通などによって、通信の秘密、個人情報保護、知的財産保護等といった諸権利との関係を整理する必要が生じてきたことから、平成21年4月から、「利用者視点を踏まえたICTサービスに係る諸問題に関する研究会」を開催し、様々な課題に対する具体的な対応策の検討を行っています。
 平成21年8月には、「インターネット地図情報サービス」、「違法音楽配信対策」及び「電気通信事業における個人情報保護に関するガイドラインの改正」について取りまとめを行い、第一次提言として公表したところです。
 その後、「CGMサービス」、「ライフログ活用サービス」及び「安全管理措置」について検討を行い、第二次提言(案)を取りまとめ、平成22年4月9日(金)から同年5月10日(月)までの間、意見の募集を行ったところ、176件の意見の提出がありました。
 それらの意見を踏まえ、同研究会において第二次提言が取りまとめられましたので、公表します。
2 報告書及び提出された意見
 ○「利用者視点を踏まえたICTサービスに係る諸問題に関する研究会」第二次提言の概要(別紙1)
 ○「利用者視点を踏まえたICTサービスに係る諸問題に関する研究会」第二次提言(別紙2)
 ○提出された意見及びそれらに対する考え方(別紙3)
 
3 今後の予定
 総務省は、第二次提言を踏まえ、必要となる施策を着実に実施していきます。

関係報道資料等

※本研究会の配布資料・議事要旨等については、次のURLを御参照ください。

連絡先

総合通信基盤局 電気通信事業部 消費者行政課
担当「CGMサービス」について:大内課長補佐
   「ライフログ活用サービス」について:中村課長補佐
   「安全管理措置」について:村田課長補佐
 電話:03-5253-5843 FAX:03-5253-5948
 e-mail:c-policy/atmark/ml.soumu.go.jp
  ※迷惑メール防止のため、「@」を「/atmark/」と表記しています。
  ※上記アドレスへの広告宣伝メールの送信禁止

ページトップへ戻る