総務省トップ > 総務省の紹介 > 採用情報 > 総合職事務系 > 総合職事務系 - 各種説明会・講演会情報

総合職事務系 - 各種説明会・講演会情報

TOPに戻る
SCHEDULE
※一覧はこちらPDF(2019年1月9日更新)

日付

時間

イベント名

申込み

1月17日(木)
12:30-15:00
1月21日(月)
15:00-17:00
1月23日(水)
14:00-16:30
1月25日(金)
14:00-16:30
1月29日(火)
13:30-16:30
1月31日(木)
14:10-17:20
予約不要
2月8日(金)
9:45-13:00
予約不要
2月9日(土)
13:00-18:30
2月13日(木)
12:30-16:50
予約不要



   
申し込み方法

参加を希望される方は、setsumeikai@soumu.go.jp 宛に、以下の例にしたがって、
1氏名、2大学、学部、学年、3参加したいコマ、4当日の連絡先をお送りください。
なお、申込受領メールはお送りしておりません。そのまま当日、会場までお越しください。

記載例
 件名:○月○日 業務説明会参加希望
  1. 総務太郎/花子(そうむたろう/はなこ)
  2. ○○大学△学部□年
  3. 1-1行政管理・評価、2-2地方自治
  4. 090−××××− ××××

留意事項
・服装自由、大学、学部、学年不問です。




 
 
総務省業務説明会
 

国家公務員って一体何しているの?総務省ってよくわからないけど何をしてるの?

社会の仕組みをよりよいものにする職業に国家公務員という選択肢があります。
政策の第一線で活躍する職員が総務省の魅力を近い距離で語ります!
総務省の幅広い業務を深く知っていただく絶好の機会です。

日本の未来、あなたの将来を考えるヒントがきっと見つかります。

お気軽にお越しください!



政策ワークショップ@京大


どんな仕事をしているかだけではなく、何を考えながら、どのように仕事をしているのか知りたい!
実際の政策立案の過程がどうなっているのか知りたい!
そんな方向けに、総務省職員が担当するワークショップを実施します。

担当職員からテーマを説明し、参加者のみなさん同士で議論を深めていただき、
職員と意見交換してもらうプログラムを予定しています。
事前知識は不要です。柔軟な発想と斬新なアイデアを持ったみなさんの参加をお待ちしてます!

日時:1月 17日(木)※12/27日程変更
   12:30-15:00
場所:京都大学吉田キャンパス
総合研究2号館2階第1・2・3公共演習室
  ※服装自由
  ※予約はこちら
1.行政管理・評価
「行政におけるサービスデザインの取り組みを体験してみよう!」

総務省行政情報システム企画課情報システム管理室 事務官 榊原美月(平成29年度入省)

みなさんは、政府や地方公共団体が提供するサービスについてどのようなイメージをお持ちでしょうか?いわゆる「お役所仕事」といった印象をお持ちの方もいるかもしれません。行政側の一方的な都合でサービス設計が行われると、利用者にこういった印象を与えてしまうこととなります。
行政管理局では、国民等利用者にとって真に利便性の高い電子政府を実現するため、「サービスデザイン」を取り入れた新しい取り組みを行っています。サービスデザインとは、利用者中心主義の徹底、全体的な視点からのサービス設計、継続的な改善などを要素とするサービス設計や開発の手法です。
本WSでは、参加するみなさんには、この「サービスデザイン」を体験してもらうプログラムを用意したいと思います。事前知識は不要です。お気軽に参加ください!
2.地方自治
「その地域に一番必要なことは何なのか?
〜財政課長になって、予算査定を体験してみよう〜」

神戸市情報化戦略部長 岩ア林太郎(平成15年度入省)

講師は現在、神戸市に赴任している入省16年目の職員です。これまで地方赴任としては入省直後の京都府、9年目から鳥取県、そして現職の3回経験した他、米国留学も経験しています。
今回のWSでは、皆さんには県庁で財政課長を務めることを疑似体験していただきます。財政課長はどのように地域の課題を捉えているのでしょう?地域経済、雇用、農林水産、公共事業、福祉、医療、環境、観光、教育など…様々な行政分野を相手に、単一の事業の中身を見るだけではなく、幅広い視点と中長期的なビジョンをもって、地域のために予算をまとめる必要があります。
WSを通じて、財政課長の役割と、総務省職員が養う「総合行政」の視点の魅力を皆さんにお伝えします!
3.情報通信
「情報社会のあるべきデザインとは〜インターネットの暗部へ切り込む政策立案〜」

総務省総合通信基盤局電気通信事業部消費者行政第二課 課長補佐 中川北斗(平成25年度入省)

生活のすべて、社会のすべてが情報化され、つながって、変容していく時代。そんなIoT時代のうねりとパワーの中で、自由な経済活動を支え、負の側面の課題解決に取り組むべく、様々なプレイヤーと共に、様々な手段を使って情報社会をどのようにデザインしていくべきかについて日々考える仕事に携わっています。
特に、誹謗中傷の書き込みや著作権侵害といったインターネット上の問題に関して、情報の自由な流通と我々の生活の安心・安全のバランスはどうあるべきなのか。政府はどのような価値観に基づいて、どのような政策手段を用いて、どのようなプレイヤーに対して、どのように働きかけて課題解決へと導くことができるのか。果たしてインターネットは誰のもので、どのような規律を受けるべきなのか。
我々の情報社会の在り方とその設計手法について、実際の政策立案を一緒に体験してみませんか。



少人数説明会@九大

日時:1月21日(月)
   15:00-15:50
   16:00-16:50
場所:九州大学伊都キャンパス周辺
  ※服装自由
  ※予約はこちら
1コマ目 15:00-15:50
総務省概要 行政管理・評価編

総務省大臣官房秘書課 事務官 池田光翼

行政の質を高め、より効果的な行政を実現するために必要な取組とはなんでしょうか。 総務省における国家行政のマネジメントと総称される業務改革や公務員の働き方改革、政策のPDCAサイクルの運用などを紹介しつつ、これからの行政のあり方について、参加者のみなさんと議論したいと思います。 採用担当として、みなさんの疑問、質問にもお答えします、お気軽にお越しください!
2コマ目 16:00-16:50
総務省概要 情報通信編

総務省大臣官房秘書課 事務官 池田光翼

情報通信は私たちの社会をどのように変革させ、また、これからどのような変化をもたらすでしょうか。 また、そこにおける行政の役割とは何でしょうか。私たちの生活をより豊かにすることが期待される情報通信が発展普及するための総務省の基盤整備の理組などを紹介しつつ、これからどのような社会を実現していきたいか、参加者のみなさんと議論したいと思います。 採用担当として、みなさんの疑問、質問にもお答えします、お気軽にお越しください!



少人数説明会@一橋

日時:1月23日(水)
   14:00-15:00
   15:30-16:30
場所:一橋大学国立キャンパス
西キャンパス西講義棟 212・213教室   ※服装自由
  ※予約はこちら
1コマ目(1-1、1-2、1-3)14:00-15:00
1-1 行政管理・評価

内閣官房内閣人事局 越智友啓(平成28年度入省)

国家行政が限られた人的資源を最大限活用し高いパフォーマンスを発揮するための内閣官房内閣人事局における取組を中心に、宮城県庁へ出向した際の経験など、多様な職務経験を積む総務省職員のキャリアパスをご紹介します。お気軽にお越しください!
1-2 地方自治
【地方編】総務省職員が担う役割〜兵庫県、佐賀県、岡山県の経験から〜

内閣府政策統括官(経済社会システム担当)付参事官(財政運営基本担当)付 参事官補佐 大田圭(平成15年度入省)

今回の講師は、入省16年目の内閣府出向中の職員です。入省直後には、兵庫県で地方行財政のイロハを学び、本省では各省庁の実施する施策に伴う地方負担の調整役を担いました。そして、入省6年目で佐賀県へ管理職赴任し、県の農林水産業振興から市町村支援、県財政の金庫番まで様々なミッションに取り組みました。佐賀から戻った後は、内閣府地方分権改革推進室で地方分権の制度改革に尽力。さらに入省13年目で、岡山県へ財政課長として赴任し県政の舵取りを担いました。現在は、再び内閣府で国家の経済財政運営方針の立案に携わっています。
総務省の職員は【地方】と【霞が関】のそれぞれでどのように活躍するのでしょうか。地方での経験は国での仕事にどのように役立つのでしょうか。2コマに渡って、総務省職員ならではの、ミクロとマクロの視点からこの国や私たちの生活を支える醍醐味についてお伝えします。(1コマのみの参加も可能です!)
1-3 情報通信

決まり次第お知らせします

2コマ目(2-1、2-2、2-3)15:30-16:30
2-1 行政管理・評価
行政管理評価の特徴と魅力

総務省大臣官房秘書課調査官
 併任 働き方改革推進室長
 併任 障害者雇用推進室長
 山本直樹(平成11年度入省)

総務省大臣官房秘書課
 事務官 池田光翼(平成28年度入省)

総務省において、人事・採用だけでなく、行政官一人一人や組織がそのパフォーマンスを最大限発揮するための働き方改革推進の舵取りや前例のない障害者雇用の推進を担当する秘書課職員が、今までの副町長として住民に身近な町役場を支える経験や国務大臣(行革、国家公務員制度、規制改革、公文書管理等)の経験を交えつつ、国家のマネジメントという行政管理・評価の仕事の魅力について、若手採用担当とともに語ります。今まで総務省の話を聞いたことがない方もお気軽にご参加ください。
2-2 地方自治
【国編】総務省職員が担う役割〜地方自治の視点から国家を支える〜

内閣府政策統括官(経済社会システム担当)付参事官(財政運営基本担当)付 参事官補佐 大田圭(平成15年度入省)

今回の講師は、入省16年目の内閣府出向中の職員です。入省直後には、兵庫県で地方行財政のイロハを学び、本省では各省庁の実施する施策に伴う地方負担の調整役を担いました。そして、入省6年目で佐賀県へ管理職赴任し、県の農林水産業振興から市町村支援、県財政の金庫番まで様々なミッションに取り組みました。佐賀から戻った後は、内閣府地方分権改革推進室で地方分権の制度改革に尽力。さらに入省13年目で、岡山県へ財政課長として赴任し県政の舵取りを担いました。現在は、再び内閣府で国家の経済財政運営方針の立案に携わっています。
総務省の職員は【地方】と【霞が関】のそれぞれでどのように活躍するのでしょうか。地方での経験は国での仕事にどのように役立つのでしょうか。2コマに渡って、総務省職員ならではのミクロとマクロの視点から、この国や私たちの生活を支える醍醐味についてお伝えします。(1コマのみの参加も可能です!)
2-3 情報通信

決まり次第お知らせします




理系学生のための業務説明会@本省

日時:1月25日(金)
   14:00-15:00
   15:30-16:30
場所:総務省内会議室(詳細別途)
  ※服装自由
  ※予約はこちら
1-1/2-1 行政管理・評価

決まり次第お知らせします

1-2/2-2 地方自治

決まり次第お知らせします

1-3/2-3 情報通信

決まり次第お知らせします




政策講演会@本省

日時:1月29日(火)
   13:30-13:45
   14:00-15:00
   15:30-16:30
場所:総務省内会議室(詳細別途)
  ※服装自由
  ※予約はこちら
ビギナー向け説明 13:30-13:45
0-1/0-3 行政管理・評価/情報通信

総務省大臣官房秘書課 事務官 池田光翼(平成28年度入省)

国家行政のありかたについて普段に改善を続ける行政管理評価の業務や、情報通信の活用による豊かな社会の実現するための情報通信の業務について、全体のイメージをお伝えします。
0-2 地方自治

総務省大臣官房秘書課 事務官 小林広生(平成28年度入省)

「地方自治」って耳にはするけど……まだ、説明会には行ったことない!という学生さん向けに、自治分野のエッセンスをギュッと凝縮して、採用担当の若手職員がご説明します!百聞は一見に如かず!
1コマ目(1-1、1-2)14:00-15:00
1-1 行政管理・評価

 内閣官房内閣人事局参事官補佐(任用、女性活躍促進・ダイバーシティ、交流担当) 渡部貴徳(平成14年度入省)

1-2 地方自治
特集!平成31年度税制改正について〜偏在是正の視点から〜

総務省自治税務局企画課 税務企画官 山本倫彦(平成13年度入省)

総務省の担う大切な仕事の1つに「地方税制」があります。「税」といえば財務省・国税庁の仕事では?と思われるかもしれませんが、全国の自治体行政を支える約40兆円もの地方税は総務省の自治税務局が所管しているのです。関係する分野は、住民税、自動車税からふるさと納税制度まで広範に渡りますが、翌年度の制度改正を具体化していく「税制改正」が1つの大きなミッションとなります。
今回は、まさに12月に閣議決定されたばかりの平成31年度税制改正大綱を一例に、山本企画官から、社会経済や住民生活と密接不可分な地方税制を担う醍醐味について、分かりやすくお伝えします。新たな学びがあること、間違いありません!
2コマ目(2-2、2-3)15:30-16:30
2-2 地方自治
特集!地方財政の現状と、これからの方向性

総務省自治財政局財政課 財政企画官 進龍太郎(平成13年度入省)

私たちの生活を日々支えている地方自治体の仕事は、一年の政府支出の6割をしめる「地方財政」の基盤により支えられています。地方財政が安定的かつ着実に運営されるよう、財源を保障していくことは、総務省の重要な使命です。
国・地方を通じた財政健全化の取り組みを進めつつ、少子高齢化と人口減少や産業構造の変化、社会の成熟化の中で、増大する地方の財政課題にいかに対処していくか、最新の議論や取り組みと地方財政を担う魅力について、進企画官から熱くお伝えします。「日本の将来について考えたい。」「これからの地域の問題は何なのだろう。」そんな学生さん、必聴です。
2-3 情報通信

内閣官房情報通信技術(IT)総合戦略室 企画官 田裕介(平成12年度入省)


 
 
 
女性のための公務研究セミナー@京都大学

日時:1月31日(木)
   14:10-14:50(各府省PR講演)
   15:00-15:40
   15:50-16:30
   16:40-17:20
場所:京都大学吉田キャンパス
  ※服装自由
  ※予約不要
  ※詳細はこちら
1-1/2-1/3-1 行政管理・評価

決まり次第お知らせします

1-2/2-2/3-2 地方自治

復興庁統括官付参事官付 参事官補佐 中野賀枝子(平成23年度入省)

1-3/2-3/3-3 情報通信

決まり次第お知らせします




女性のための公務研究セミナー@お茶の水大学

日時:2月8日(金)
   9:45-10:30(各府省PR講演)
   10:40-11:20
   11:30-12:10
   12:20-13:00
場所:お茶の水大学共通講義棟1号館304教室
  ※服装自由
  ※予約不要
  ※詳細はこちら
1-1/2-1/3-1 行政管理・評価

決まり次第お知らせします

1-2/2-2/3-2 地方自治

決まり次第お知らせします

1-3/2-3/3-3 情報通信

決まり次第お知らせします




政策ワークショップ@総務省


どんな仕事をしているかだけではなく、何を考えながら、どのように仕事をしているのか知りたい!
実際の政策立案の過程がどうなっているのか知りたい!
そんな方向けに、総務省職員が担当するワークショップを実施します。

担当職員からテーマを説明し、参加者のみなさん同士で議論を深めていただき、
職員と意見交換してもらうプログラムを予定しています。
事前知識は不要です。柔軟な発想と斬新なアイデアを持ったみなさんの参加をお待ちしてます!

日時:2月 9日(土)※12/17日程変更
   1.行政管理評価 13:00-15:30
   2.地方自治 14:00-17:30
   3.情報通信 16:00-18:30
場所:総務省内会議室(詳細別途)
  ※服装自由
  ※予約はこちら
  ※入館には顔写真入りの身分証が必要です。時間に余裕をもって警視庁側入口から入庁ください。

1.行政管理・評価
「ゲーム形式で定員査定を体験してみよう!」

内閣官房内閣人事局 参事官補佐 折田裕幸(平成14年度入省)

内閣人事局は、国家公務員約30万人の人的資源の管理を担当しています。
「定員査定」は、予算査定と同じように国全体を見渡して、人的資源(公務員)をどの分野に投資(配置)することが我が国の将来に役に立つのかを考える仕事です。
今回はこの定員査定のイメージをつかめるよう、簡単なゲーム形式の体験プログラムを用意しました。
基礎知識や準備は不要ですので、お気軽にご参加ください。
2.地方自治

総務省自治財政局調整課 理事官 橘清司(平成15年度入省)

3.情報通信

決まり次第お知らせします




春の官庁業務説明会@TAC京都校

日時:2月13日(木)
   12:30-13:10(法務省合同トーク)
   13:30-14:30
   14:40-15:40
   15:50-16:50
   17:00-18:00(国家一般職向け)
場所:TAC京都校
  ※服装自由
  ※予約不要
  ※詳細はこちらPDF
1-1/2-1/3-1 行政管理・評価

決まり次第お知らせします

1-2/2-2/3-2 地方自治

決まり次第お知らせします

1-3/2-3/3-3 情報通信

決まり次第お知らせします

ページトップへ戻る