総務省トップ > 総務省の紹介 > 採用情報 > 総合職事務系 > 総合職事務系 - 各種説明会・講演会情報

総合職事務系 - 各種説明会・講演会情報

TOPに戻る
SCHEDULE


日付

時間

イベント名

申込み

4月2日(木)
14:45-17:20
締切
4月10日(金)
16:30-19:00



 
総合職事務系(採用情報)のTwitterを開設しました!

総務省総合職事務系(採用情報)(@MIC_Sougou
(アカウント運用ポリシーはこちらPDF


今後、説明会や官庁訪問等、採用に関する情報を発信していきます!

申し込み方法

参加を希望される方は、setsumeikai@soumu.go.jp 宛に、以下の例にしたがって、
1氏名、2大学・学部・学年、3当日の連絡先、4参加したいコマ、をお送りください。
なお、申込受領メールはお送りしておりません。そのまま当日、会場までお越しください。

記載例
 件名:○月○日 業務説明会参加希望
  1. 総務太郎/花子(そうむたろう/はなこ)
  2. ○○大学△学部□年
  3. 090−××××− ××××
  4. 1-1行政管理・評価、2-2地方自治、3-3 情報通信

留意事項
・服装自由、大学、学部、学年不問です。




 
 
総務省業務説明会
 

政策講演会@オンライン

【3月24日更新】全てオンライン(Skype for Business)で実施いたします。
日時:4月2日(木)
   14:45-15:45(1-1 行政管理評価/1-2 地方自治)
   16:00-17:00(2-2 地方自治)
   16:00-17:20(2-3 情報通信)
※服装自由、途中参加・途中抜けも歓迎です!
※資料について、参加予約いただいた方へ事前にお送りいたします。



1-1 行政管理評価
社会経済の変化に対応した不断の見直し・改革〜「国家のOS」のバージョンアップ〜

内閣官房内閣人事局参事官補佐  近藤 寿喜(平成16年度入省)

総務省は、「国家のOS」とも言うべき重要な施策・制度を所管しています。すなわち、国の基本的な行政制度の管理・運営、地方分権の推進・地方自治の確立などです。
ICTのOSがバージョンアップされていくように、「国家のOS」も、わが国社会経済の変化に対応した不断の見直し・改革が必要です。
当日は、現在在籍している内閣人事局や行政管理局の仕事を中心に、総務省で働くことの醍醐味を御紹介したいと思います。

1-2 地方自治

自治財政局地方債課課長補佐  南里 明日香(平成18年度入省)

地方自治分野・1コマ目の講師は、多様な行政サービスの実施に不可欠な自治体の財源を確保するための地方債制度を担う地方債課で課長補佐を務める入省15年目のベテラン職員です。入省後すぐに徳島県に、管理職として滋賀県に赴任しています。国では、若手時代に外務省で途上国支援、自治財政局調整課で国・地方間の財政負担調整に奔走し、課長補佐としては、人口減少・超高齢化社会の中で地域を支える過疎対策や、多発する大規模災害対応・オリパラ対策などの消防行政を担いました。
多様な地域を支え、明るい日本の未来を切り拓くために日々奮闘する南里補佐から、地域に対する熱い想いや、この時代において、社会のために総務省が果たすことができる役割をお伝えします!

2-2 地方自治

消防庁総務課課長補佐  田中 克尚(平成17年度入省)

地方自治分野・2コマ目の講師は、大規模災害対応をはじめ、国民の生命・身体・財産を守るための消防行政を司る消防庁総務課で、課長補佐を務める入省16年目のベテラン職員です。入省後すぐに長崎県に、管理職として石川県七尾市、沖縄県に赴任しています。国では、若手時代に地方税制度等にどっぷりと携わり、課長補佐としては、消防庁の災害対策官として熊本地震や九州北部豪雨等の大規模災害対応を背負ったほか、公平・公正な選挙の実施を確保するための政治資金規正法の運用等を担いました。また、総務副大臣秘書官として、政治と行政の境界に立つ得がたい経験もしています。
日本各地の様々な地域で幅広い業務に携わり、また、国民の命と向き合う仕事を数多く経験してきた田中補佐から、総務省が果たすことができる役割や行政の存在意義についてお伝えします!

2-3 情報通信
職員によるトークセッション

情報流通行政局地域通信振興課課長補佐  磯和 滉士(平成25年度入省)
総合通信基盤局電気通信事業部消費者行政第二課課長補佐  中川 北斗(平成25年度入省)

今回の説明会では、同期職員2名によるトークセッションをお届けします!地域情報化や5G整備を担当する職員と、インターネット上の違法有害情報対策を担当する職員が、学生のころの話や現在の仕事、これからの行政の役割などについてフランクにお話しします。これまで情報通信に関する話を聞いたことがない方も、職員が普段どんな雰囲気で話しているのか知りたい方も、是非お気軽にご参加ください!
※講師の詳細はこちらをご覧ください!(磯和PDF中川PDF

採用担当との個別面談@オンライン
※予約はこちら【申込締切:4月2日13:00】
※申込者多数の場合は抽選いたします 。

イベント詳細
4月6日(月):(1)13:30〜 (2)14:15〜 (3)15:00〜 (4)15:45〜 (5)16:30〜 (6)17:15〜 (7)18:00〜
4月7日(火):(8)13:30〜 (9)14:15〜 (10)15:00〜 (11)15:45〜 (12)16:30〜
秘書課採用担当と個別にお話しする機会です。詳細はこちらPDFをご覧ください!

ビギナー向け説明会@オンライン

日時:4月7日(火)
   17:45-18:45
※服装自由、途中参加・途中抜けも歓迎です!
※資料について、参加予約いただいた方へ事前にお送りいたします。
※参加予約はこちら【申込締切:4月6日13:00】


イベント詳細
「この時期だからこそ!総務省入門」

大臣官房秘書課採用担当  池田 幸優、大内 朋哉(平成29年度入省)


政策講演会@オンライン

日時:4月10日(金)
   16:30-17:30(1-2 地方自治)
   16:15-17:30(1-3 情報通信)
   17:45-18:45(2-2 地方自治)   17:45-19:00(2-1 行政管理評価)
※服装自由、途中参加・途中抜けも歓迎です!
※資料について、参加予約いただいた方へ事前にお送りいたします。
※参加予約はこちら【申込締切:4月9日12:00】


1-2 地方自治

決定次第お知らせします。


1-3 情報通信
「不確実な時代と社会の中での情報」

情報流通行政局衛星・地域放送課地域放送推進室長  井上 淳(平成8年度入省)

世の中は不確実性に満ちています。未来のことは分かりませんし、周りのことも分かりません。もっというと自分のことすら分からないかもしれません。そのうえ人間は不確実性が嫌いです。不確実性が充満すると、経済や生活に悪影響を及ぼします。
行政の重大な役割の一つは、不確実性への対処と思っています。不確実性をいかに減らして、国民や市民が安心して生活できるようにするか。
そのためには、情報が重要な役割を果たします。情報によって不確実性は緩和します。情報によって国民や市民は、将来や社会に関する自律的な判断ができるようになります。
総務省は、そのような「情報」の流通を取り扱います。情報は、取り扱い難いものですが、直視すべき課題です。一緒に考えましょう。

2-1 行政管理評価
「総務省で身につく課題解決・提案力」

内閣官房内閣人事局参事官補佐(女性活躍)  永田 真一(平成15年度入省)

危機に強い国家は平時から先見性と瞬発力を兼ね備えています。官邸で対外発信に携わった経験、各省庁の人事・組織を見てきた知識、国、地方、海外に広がる人脈から、総務省に就職するとどんなことができるか。
総務官僚の一つのロールサンプルとして、発想、提案、課題解決力の一端を皆さんとシェアします。
※ 経歴についてはこちらPDF

2-2 地方自治

決定次第お知らせします。





ページトップへ戻る