総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 中国総合通信局 > 報道資料 2019年度 > 『中国地域オープンデータ利活用ラウンドテーブル』の開催! 〈オープンデータで地域課題解決を目指して〉

報道資料

令和元年6月17日
中国総合通信局
一般社団法人中国経済連合会
中国情報通信懇談会

『中国地域オープンデータ利活用ラウンドテーブル』の開催!
〈オープンデータで地域課題解決を目指して〉

 中国総合通信局(局長:長塩 義樹)、一般社団法人中国経済連合会(会長:苅田 知英)及び中国情報通信懇談会(会長:苅田 知英)は、中国地域におけるオープンデータの利活用を推進し、地域課題の解決を目指すため、「中国地域オープンデータ利活用ラウンドテーブル」を設けることといたしました。
 つきましては、第一回会合を下記のとおり開催いたします。
 近年、日本各地で地震、台風、豪雨等により、洪水や土砂災害などの甚大な被害をもたらす災害が発生しており、地方公共団体等が保有するデータを、広域かつ自由に相互利用することにより、被害軽減や復旧・復興の迅速化を図ることが期待されております。災害時に活用するには、平時から民間も含めて利用環境を構築しておくことが重要です。
 そこで、今年度の中国情報通信懇談会事業として、産学官が連携し、「中国地域オープンデータ利活用ラウンドテーブル」を設け、地方公共団体や民間企業が保有しているデータのうち、災害時に活用できるデータは何かという視点で議論し、そのデータをオープンデータ化するための推奨テンプレート等を公開します。
 
1 日時 令和元年6月17日(月)13時30分から
 
2 場所 中国総合通信局 第一会議室
      (広島市中区東白島町19-36)
      http://www.soumu.go.jp/soutsu/chugoku/
 
3 構成
 (1)レビューボードメンバ
  ・中国総合通信局 局長 長塩 義樹 氏
  ・一般社団法人中国経済連合会 情報通信委員会 委員長 永野 浩介 氏
   (西日本電信電話株式会社 取締役中国事業本部長)
  ・中国情報通信懇談会 運営委員長 相原 玲二 氏
   (広島大学 副学長(情報担当))
  ・広島大学 防災・減災研究センター 調査研究部門長 藤原 章正 氏
   (広島大学 大学院国際協力研究科 教授)

 (2)テーブルメンバ(リーダ)
  ・広島大学 大学院国際協力研究科 准教授 力石 真 氏
  ・岡山県立大学 情報工学部 情報システム工学科 教授 菊井 玄一郎 氏

 (3)参加機関(テーブルメンバ)
  中国総合通信局、(一社)中国経済連合会、中国情報通信懇談会、中国地方整備局、国土地理院中国地方測量部、
 鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、広島市、岡山市、倉敷市、(一社)データクレイドル、 西日本電信電話株
 式会社中国事業本部
 
4 活動概要
 ・ラウンドテーブルでは、最初に「(1)実現したいこと」を合意したうえで「(2)伝達すべき情報」「(3)必要なデータ」の順に
 議論する。
 ・中国地域内で共有すべき「必要十分なデータセット」の提示を目指す。
 ・「伝達すべき情報」を効果的に表現する「推奨テンプレート」を整理し、必要十分な「データセット」と併せて地域内で
 共有できる形で情報発信する。
 ・今年度は、「防災(公共交通)」及び「防災(水害)」をテーマに実施する。 

連絡先
(一社)中国経済連合会
電話:082−242−4511
 
情報通信部情報通信振興課
電話:082-222-3322

別紙

ページトップへ戻る