総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 北陸総合通信局 > 報道資料 2016年 > 北陸放送のFM補完中継局に免許を交付

報道資料

平成28年7月27日
北陸総合通信局

北陸放送のFM補完中継局に免許を交付

〜 中波放送の外国波混信及び都市型難聴を解消 〜
 北陸総合通信局(局長 吉武 久(よしたけ ひさし))は、北陸放送株式会社(代表取締役社長 京村 英二(きょうむら えいじ))に対し、4月4日付けで予備免許をしたFM補完中継局(MRO金沢FM)について、本日付けで免許を付与しました。

 【FM補完中継局の概要】

申請者 北陸放送株式会社
放送区域及び
放送区域内世帯数
石川県の一部
33.3万世帯(申請による)
※ 放送エリアは別紙PDFのとおり
  (石川県内世帯数の約75%)
送信所設置場所 石川県野々市市押野
電波の型式、周波数 F8E  94.0MHz
空中線電力 1kW  最大実効輻射電力 2.2kW
運用許容時間 常時
放送開始予定日 平成28年8月1日(月)

 

(関係報道資料)
 FM補完中継局に予備免許(平成28年4月4日)
 http://www.soumu.go.jp/soutsu/hokuriku/press/2016/pre160404-1.html


【参考】
 FM補完中継局とは、中波(AM)放送局の災害対策又は難聴対策(都市型難聴対策、外国波混信対策又は地理的・地形的難聴対策)を目的に、主に地上アナログテレビジョン放送の跡地であるV-Low帯域の一部(90〜95MHz)の周波数を使って中波放送の補完的な放送を行う中継局のことです。
 


連絡先
情報通信部放送課
担当:綿谷、竹田
電話:076−233−4490

ページトップへ戻る